« 11/1:京都府立医科大学交響楽団 第84回定期演奏会 | Main | 【感想】紫苑交響楽団 第12回定期演奏会 »

October 05, 2008

【感想】アンサンブル・コスモリバティ 第18回定期演奏会

2008年6月29日(日) 14:00 茨木市市民総合センター・クリエイトセンター・ホール

ヘンデル: 合奏協奏曲 ニ短調 op.6-10
モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト短調 K.525
早川正昭: バロック風日本の四季より「秋」
チャイコフスキー: 弦楽セレナーデ ハ長調 op.48
(アンコール)レスピーギ: 古風な舞曲とアリアより「イタリアーナ」

指揮: 木村俊明

<感想>

このオケを聴いて3年目、「春」から始まった早川正昭作曲による「バロック風日本の四季」も「秋」になりました。 ほっとするような暖かなアンサンブルがよく溶け合って聴こえるのは共感があるからでしょうね。 この演奏を聴きたくて、単身赴任先への帰路に茨木へと足を伸ばして正解でした。 大いに満足しました。

このオケの特徴は、太い筆で描いたような滋味溢れる弦楽アンサンブルですが、今年は堂々とした風格も感じました。 とくに前半プログラム、ヘンデルの合奏協奏曲ニ短調op6-10とモーツァルトの名曲アイネ・クライネ・ナハトムジーク。 いずれも指揮者の木村さんがリズムをしっかりととり、アンサンブルを巧みにリードしていたのも印象的でした。 とにかく安定感がありましたね。

そして後半、先にも述べた「バロック風日本の四季」が秀逸。 全てのパートが溶け合って響いてきました。 懐かしいメロディに虫の鳴き声も散りばめられた第1楽章、「荒城の月」をシチリア風の伴奏で静かう歌った第2楽章、第3楽章は「村祭り」を軽やかに演奏されて、十二分に楽しませていただきました。 いつかまたどこかで全曲を演奏してくださらないかしら。

メイン・プログラムは、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ。 弦楽アンサンブルの名曲中の名曲ですが、ここでも太い響きを基調にし、深いけれど重くなりすぎず、しみじみとさせるけれど暗くならず、そして熱くなっても流されることのない演奏。 気合、というか、演奏に賭けた並々ならぬ意気込みも感じた次第です。 完全無欠の演奏ではなかったかもしれませんが、気持ちのよく伝わってきた演奏に大きな拍手を贈らせていただきました。

外は生憎の雨模様、しかも蒸し暑い一日でしたが、清々しい気持ちになれた演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20080629.htm

|

« 11/1:京都府立医科大学交響楽団 第84回定期演奏会 | Main | 【感想】紫苑交響楽団 第12回定期演奏会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 11/1:京都府立医科大学交響楽団 第84回定期演奏会 | Main | 【感想】紫苑交響楽団 第12回定期演奏会 »