« June 2008 | Main | August 2008 »

July 27, 2008

【感想】吹田市交響楽団 第65回定期演奏会

2008年5月6日(祝・火) 14:00 吹田市文化会館メイシアター・大ホール

メンデルスゾーン: 序曲「美しいメルジーネの物語」 (*)
シベリウス: 交響曲第7番ハ長調 op.105 (*)
プロコフィエフ: 交響曲第5番変ロ長調 op.100
(アンコール)プロコフィエフ: 歌劇「3つのオレンジへの恋」より「行進曲」

指揮: 米山 信(*)、新谷 武

<感想>

すっきりと明快に纏めたシベリウスの交響曲第7番、パワフルでリッチなサウンドで邁進したプロコフィエフの交響曲第5番、それぞれの指揮者のカラーがよく出た意欲的な演奏会でした。

副指揮者の新谷さん、わずか3ヶ月前の前回演奏会ではチェリビダッケばりの遅いテンポで歌い上げたチャイコフスキーの交響曲第5番を披露してくださいましたが、今回はパワフルでリッチなサウンドで迫力満点でした。 朗々と吹く金管、明快な打楽器、すきっとした木管も見事でしたが、分奏の良い弦楽器が全体を支え、一丸となって瞬発力のある音楽で会場内を惹きつけていました。 中でも7本揃えたコントラバスに8本のチェロ、底流をゴウゴウと流れていたのが素晴らしく、強く印象に残りました。

常任指揮者で芸術監督の米山さん、難解なシベリウスの交響曲第7番を明快に振り、躍動感を持った音楽として分かりやすく伝えてくれました。 米山さんの振りはいつもながらの省エネ指揮法で縦振りが基本。 聞き手の自分もその縦振りに知らずに合わせ、首でリズムを取りながら聴き進めていました。 そして次第に熱気も増し、中盤以降は弦と管の呼応したクライマックス。 熱さも十二分に出ていて痺れました。

そしてこれらに先立って演奏されたメンデルスゾーンの序曲「美しいメルジーネの物語」、こちらも米山さんの指揮。 耳馴染みのない曲ですが、古典派とロマン派の中間、橋渡しのような印象を持ちました。 淡々としていながらも美しい旋律が出て、クライマックスも落ち着きがありました。 トランペットが抑制されつつも主張した響きを出していて印象的でした。

アンコールはプロコフィエフの「3つのオレンジへの恋」から行進曲、こちらも新谷さんによる豪快な演奏で締めくくり。 充実した演奏会でお腹いっぱいになりました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20080506.htm

| | Comments (0)

July 21, 2008

【感想】ハーモニックソアラ高槻 第3回定期演奏会

2008年4月6日(日) 14:00 高槻現代劇場・中ホール

ベートーヴェン: コリオラン序曲
モーツァルト: 交響曲第40番ト短調 K.550
ベートーヴェン: 交響曲第8番ヘ長調 op.93

指揮: 森 香織

<感想>

森香織さんの指揮のもと、切れの良い整った響き、どの楽器の音もよく聞こえてくるバランスの良い演奏で耳を奪われました。

冒頭のベートーヴェンのコリオラン序曲。 決して大きくない編成(8-7-5-5-2)のこのオケから密度の高い強靭な響きを醸し出してきたのに驚きました。 このような小編成なのに底鳴りがするようようにも感じるのですね。 無理に大きな音を出し、豪快に演奏する指揮者もいますが、全くもってそのようなことはなく、充実した響き、といっても過言ではありません。 この曲を存分に堪能しました。

つづくモーツァルトの交響曲第40番、こちらも集中力を高く保った密度の濃い演奏でした。 先でも思ったのですが、バランス良く響かせていて、どの楽器もよく聞こえています。 でもモーツァルトの場合、それらが整然と一気に流れて続けてくると・・少々単調にも思えてくるものですね。 もっと研ぎ澄まして現代音楽風でストイックな演奏になったらまた別なのでしょうけれど・・ 少々ゴシック建築風な堅牢な感じもして、すみません、巧い演奏でしたけれど個人的には少々飽きてしまった感もありました。 これも巧いオケならではなので、許してください。

しかしメインのベートーヴェンの交響曲第8番。 やはり森さんの今回のアプローチはベートーヴェンに似合ってましたね。 構成感をしっかりと持った演奏、瞬発力、緻密さ、そしてに先にも書きましたがバランス感覚の良さが光った素晴らしい演奏でした。 第1楽章を聴いたとき、「アポロ的」という言葉も浮かんできました。 明るい感じもしましたものね。 そして終楽章、緊張と緩和もきちんと制御、計算されているような感じ。 これも繰り返しになりますが、無理に大きな音を出して豪快に演奏するのとは全く違いますね。 ここでも 7-7-5-5-2 の編成とは思えない重厚感に溢れた演奏は見事の一言。 それを実現したオケの皆さんにも大きな拍手を贈りました。

相当練習を積まれたのでしょうね、アンコールなしでお開き。 そのケレン味の良さもまた清々しい演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20080406.htm

| | Comments (0)

【感想】関西医科学生交響楽団 第15回定期演奏会

2008年3月23日(日) 14:00 吹田市文化会館メイシアター・大ホール

ドヴォルザーク: 序曲「謝肉祭」
スメタナ: 連作交響詩「我が祖国」

(アンコール)ドヴォルザーク: スラヴ舞曲第2番

指揮: 江田 司

<感想>

堂々として落ち着いた音色の中にも躍動感をもった「我が祖国」、江田司さんの指揮のもと統一された響きが見事でした。

分奏のしっかりとした弦楽器、抑制のよく聴いた管打楽器、ほんと、巧いオーケストラですね。 毎回エントリーされる、悪い言葉で言うと寄せ集めなんですが、個々人のポテンシャルの高さが合奏能力にもよく現れていて、集中力の高さもまた印象的でした。

江田さん、構成感をしっかりと持って振っているのですが、単に縦の線を合わせるのではなく、オケの中から湧き上がるものを巧みにリードしているようです。 オケもそれをしっかりと応えて見事。 決して感興に任せることなく、深みのある堂々とした演奏が展開されましたが、時に縦ノリのリズムで推進力を持たせてワクワクもさせてくれました。

なおこれに先立って演奏された序曲「謝肉祭」、瑞々しい音色で勢い良く進みつつも、こちらも落ち着いた演奏だったとの印象を持ちました。 ここからオケのポテンシャルの高さを示していたようです。 厚みのある響きで堂々とした演奏でした。

しかしながら今回のメインは連作交響詩「我が祖国」の全曲。 初めて実演で全曲を聴くという機会に恵まれました。 前半3曲と後半3曲の間に休憩を挟んだことも良かったように思います。 聞き手としても集中力を維持できましたね。 素晴らしい体験ができた演奏会でした。 ありがとうございました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20080323.htm

| | Comments (0)

July 09, 2008

8月のアマオケコンサート情報

8月に、京阪神奈などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

いざ、出発!!

8/2:東京大学音楽部管弦楽団(大阪公演) サマーコンサート2008
8/3:伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団 廣瀬義彦先生喜寿記念祝賀コンサート
8/17:ブタコレラ 結成50周年記念ブタコレラ室内オーケストラ演奏会
8/23:待兼交響楽団 第21回定期演奏会
8/24:天理シティーオーケストラ 真夏のオーケストラ!・夏休み名曲コンサート
8/24:オーケストラ・ソノリテ 第15回定期演奏会
8/30:吹田市交響楽団 2008年サマーコンサート

| | Comments (0)

8/2:東京大学音楽部管弦楽団(大阪公演) サマーコンサート2008

日時:2008年8月2日(土) 18:30開演(18:00開場)
場所:高槻現代劇場大ホール

曲目:チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
   リスト/交響詩「レ・プレリュード」
   メンデルスゾーン/交響曲第3番イ短調「スコットランド」

指揮:三石精一(終身正指揮者)

入場料:1,000円

ホームページ:http://webs.to/todaiorch/

<補足>

毎年夏になると全国を演奏旅行されている東大オケ
今年の関西公演は高槻なのですね。

| | Comments (0)

8/3:伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団 廣瀬義彦先生喜寿記念祝賀コンサート

日時:2008年8月3日(日) 14:00開演
場所:長岡京記念文化会館

曲目:ベートーヴェン/合唱幻想曲 ほか

演奏:伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団 ほか
指揮:廣瀬義彦

入場料:(前売)3,500円、(当日)4,000円

ホームページ:http://www.hct.zaq.ne.jp/alma/kijyukon.html

<補足>

2008年7月31日に77歳を迎えられる廣瀬義彦先生をお祝いする演奏会だそうです。

| | Comments (0)

8/17:ブタコレラ 結成50周年記念ブタコレラ室内オーケストラ演奏会

日時:2008年08月17日(日) 14:00開演
場所:堺市立東文化会館・文化ホール

曲目:モーツァルト/ディヴェルティメント・ニ長調
   モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番ニ長調「戴冠式」
   モーツァルト/交響曲第41番ハ長調「ジュピター」

独奏:山崎千加(p)

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.butacholera50.com/

<補足>

アマチュア弦楽四重奏団「ブタコレラ・カルテット」。
ホームページの経歴を見ると筋金入りの音楽・アンサンブル好きの方々ですね。
結成50周年を記念した一生に一度の演奏会の成功を祈ります。

| | Comments (1)

8/23:待兼交響楽団 第21回定期演奏会

日時:2008年8月23日(土) 14:00開演(13:30開場)
場所:伊丹アイフォニックホール

曲目:メンデルスゾーン/劇音楽「真夏の夜の夢」序曲op.21
   ホルスト/セントポール組曲
   ブラームス/交響曲第2番ニ長調op.73

指揮:金 正奉

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.geocities.jp/machikane_orc/

<補足>

今回の待兼交響楽団は新進の金正奉さんのもとでのブラームスの2番。
アイフォニックホールという小ぶりのいいホールで素敵な時間になるのでは?
ホルストのセントポール組曲も個人的に興味あります。

| | Comments (0)

8/24:天理シティーオーケストラ 真夏のオーケストラ!・夏休み名曲コンサート

日時:2008年8月24日(日) 14:00開演
場所:天理市民会館・やまのべホール

曲目:―リズムのちから―
    ベートーヴェン「運命」より
    ハチャトリアン「剣の舞」
   ―みんなが主役―
    クライスラー「プレリュードとアレグロ」
    ヴァイオリン独奏 吉田南(天理小4年 )
   ―指揮者コーナー―
    ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」
   ―アメリカンスピリッツ―
    アンダーソン「トランペット吹きの休日」
          「プリンク・プランク・プルンク」
    ロジャース「サウンドオブミュージックメドレー」 ほか

指揮・お話:安野英之
   
入場料:無料(要整理券)

    ※整理券は、天理市文化センターおよび天理市民会館にて配布
    未就学児のお子様もご入場いただけますが、
    周りのお客様のご迷惑にならないようご協力をお願いします。

ホームページ:http://www.h5.dion.ne.jp/~tco/

<補足>

天理シティーオーケストラのサマーコンサート
安野さんの分かりやすい説明とテンリシティのしっかりした演奏でレベルの高いものになるでしょう。 お近くの方は是非!

| | Comments (0)

8/24:オーケストラ・ソノリテ 第15回定期演奏会

日時:2008年8月24日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:神戸芸術センター芸術劇場

曲目:ニコライ/喜歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
   スメタナ/「我が祖国」から第4曲「ボヘミアの森と草原より」
   ブルックナー/交響曲第4番

指揮:髙谷光信

入場料:1,000円

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~sonorite/

<補足>

新進気鋭の指揮者・高谷光信さん指揮によるブルックナーのロマンティック
興味わきますね。

| | Comments (0)

8/30:吹田市交響楽団 2008年サマーコンサート

日時:2008年8月30日(土) 18:00開演(17:30開場)
場所:吹田市文化会館メイシアター・大ホール

曲目:チャイコフスキー/くるみ割り人形より行進曲
   ヴォーン=ウィリアムス/イギリス民謡組曲(管弦楽版)
   ボロディン/中央アジアの草原にて
   グノー/操り人形の葬送行進曲
   エルガー/威風堂々 第1番
   チャイコフスキー/スラブ行進曲

指揮:米山 信、新谷 武

入場料:無料

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~suikyo/

<補足>

恒例の指揮者コーナーも楽しみな吹響のサマーコンサート
この夏休みの最後の思い出として、存分に楽しみましょう。

| | Comments (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »