« October 2007 | Main | December 2007 »

November 26, 2007

12月のアマオケコンサート情報

12月に、京阪神奈などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

※11/26(追加):12/8:龍谷大学交響楽団 第14回定期演奏会

いざ、出発!!

12/1:滋賀医科大学管弦楽団 第47回定期演奏会
12/2:箕面市民オーケストラ Winter Concert ~東欧の調べ~
12/2:京都シティフィルハーモニー交響楽団 第26回定期演奏会
12/2:京都女子大学交響楽団 第17回定期演奏会
12/5:立命館大学交響楽団 第98回定期演奏会
12/8:関西大学交響楽団 第59回定期演奏会
12/8:龍谷大学交響楽団 第14回定期演奏会
12/9:けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 演奏会
12/15:甲南大学文化会交響楽団 第47回定期演奏会
12/24:京都フィロムジカ管弦楽団 第22回定期演奏会

| | Comments (1)

12/8:龍谷大学交響楽団 第14回定期演奏会

日時:2007年12月8日(土) 19:00開演(18:30開場)
場所:長岡京記念文化会館

曲目:サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール
   シベリウス/カレリア組曲
   チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調「悲愴」

指揮:森 和幸(客演)、豊西 優(学生)

入場料:無料

ホームページ:http://rsorchestra.fc2web.com/hs/top.html

<補足>

本家サイトの掲示板に投稿されましたので、ここにも掲示しておきます。
オケとは関係ないですが、龍谷大学って中高校と同級生だった奴が通っていた30年前、2回ほど一緒に授業を受けたことがありますね(ニセ学生)。 懐かしい思い出です。

| | Comments (0)

November 25, 2007

【感想】橿原交響楽団 第15回定期演奏会

2007年11月18日(日) 13:30  奈良県橿原文化会館・大ホール

ドビュッシー: 小組曲
シューベルト: 交響曲第8番ハ長調「ザ・グレート」

(アンコール)シューベルト: 劇音楽「ロザムンデ」舞踏音楽第2番

指揮: 小西 収

<感想>

気鋭の指揮者、小西収さんのもと、躍動感のある音楽を楽しみました。 これまでの橿響には無かった響きを感じたようにも思いました。

ドビュッシーの小組曲、1曲目の「小舟にて」が始まり、美しく響くアンサンブルにハッとしました。 失礼ですが、橿響からこのような響きが醸し出されてくるとは、ちょっと吃驚。 しかも小西さんの独特の動き、テンポに導かれ、苦手なフランス音楽ながらも上品な昔のディズニー映画を観ているよう。 健康的な明るい響き、流れるアンサンブルがとても素敵でしたし、どの曲もとてもよく纏まって素晴らしく、たっぷりと楽ませてもらいました。 小西さんと橿響、いい組み合わせじゃないでしょうか。

そしてメインのシューベルトのグレート交響曲。 冒頭こそアンサンブルに隙間を感じましたけれど、尻上がりに調子に乗せてゆき、最後は躍動感を持ったダイナミズムの大きな音楽になりました。 小西さん、独特の動きが更に拍車がかかり、フレーズの最後を伸ばしたり、テンポを揺らしたり、緩急つけたりと、9月に聴いたアンサンブル・フロイントを指揮されたグレートも彷彿とさせました。 フロイントでは先鋭的でしたけれど、橿響は時に底力のある暖かな響きで応えて健闘。 堂々とした演奏は立派でした。 大きな拍手を贈りました。

そしてアンコールのロザムンデから舞踏音楽第2番。 この曲ではオーケストラの方々も緊張が取れたのでしょうか、音楽がもっと伸びやかになり、小西さんとともに演奏を楽しんでいらしたのではないでしょうか。 舞踏音楽らしく一緒に踊りたくなるようなワクワク感も受けました。

明るい響きを基調にした心弾む音楽。 今年初めての木枯らしが吹いた寒い1日でしたが、橿響の暖かで熱い音楽が心に残ったいい演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20071118.htm

| | Comments (0)

November 18, 2007

【感想】同志社交響楽団 第79回定期演奏会

2007年11月13日(火) 19:00  ザ・シンフォニーホール

ウィルヘルム: 同志社カレッジソング
ベートーヴェン: 交響曲第1番ハ長調op.21
ラフマニノフ: 交響曲第2番ホ短調op.27

指揮: 現田茂夫

<感想>

清らかで熱く美しいラフマニノフの交響曲第2番の演奏に酔わされました。
もっと聴いてきたい、終わらないでくれ、と思いつつ終わった演奏終了後、客席に振り返った指揮者の現田さんの精根尽きたような表情もまた印象的でした。

好きな音楽2曲がラインナップ、まずはベートーヴェン。 現田さんらしくスッキリとしていながらも要所をキリッと締めた交響曲第1番は、上質で美しい演奏でした。 ちょっと大きな編成のオーケストラから余裕のある響き。 田園交響楽とかロマン派に繋がるような演奏であるとの印象を持ちました。 聴いていてワクワクするというよりも、丁寧に鳴る音楽に、落ち着いて演奏を楽しんだ、そんな感じですね。 もちろん落ち着いているだけでなく躍動感もあって、聴いていると気持ちが軽くなるような感じも受けました。

そしてメインのラフマニノフの交響曲第2番、清らかで熱く美しい音楽に酔わされました。 耽美的な旋律が続く大曲ですが、青春の音楽、そんな若々しさも随所に感じた演奏でしたが、とくに第3楽章が素晴らしかったですね。 クラリネットの旋律が切々と歌っていたのに痺れましたし、フルートの音色もなんと綺麗なこと。 そしてこの楽章の後半でオーケストラ全体から醸し出される美しくも繊細な響きに、清らか、そんな言葉が頭をよぎりました。 ただただ美しい響きに身を任せました。 そして終楽章では、きちんと制御されていても溢れる熱気、これもまた見事であっという間に全曲が終わったという印象を持ちました。 素晴らしい演奏でした。

もう終わってしまう、もっと聴いてきたい、終わらないでくれ、と思って聴いていましたが、この演奏を限りに卒団される方々にとってもこのように感じて演奏していらしたかもしれませんね。 素晴らしい演奏会に同席させていただいたことに感謝しつつ会場を後にしました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20071113.htm

| | Comments (0)

November 11, 2007

【感想】セント・マーティンオーケストラ 第4回定期演奏会

2007年11月10日(土) 14:00  東灘区民センターうはらホール・大ホール

ベートーヴェン: レオノーレ序曲第1番op138
モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466
ベートーヴェン: 交響曲第1番ハ長調op.21

独奏: 西玉美絵(p)

指揮: 河崎 聡

<感想>

ベートーヴェンの交響曲第1番、ワクワクするような演奏を存分に楽しみました。

プログラムには「この曲を聴くと思うと期待で胸がワクワクするようなお客様は少ないのではないでしょうか・・・(中略)・・・「1番シンフォニーっておもしろいね」と感じていただけたら・・・」とコンマスの方が書かれていましたけれど、その目的は十分に達っせられたのではないでしょうか。 実はこの数少ない1番シンフォニーがお目当の一人でした。 ブロムシュテットのCDでこの曲の魅力に開眼したのはいつだったかしら・・・ それはともかく、ハイドンやモーツァルトの延長線上にベートーヴェンが存在する、そんなごく当たり前のことに気づかされて以来の好きなシンフォニーです。 そして今回のセント・マーティンの演奏もまたそのことを強く感じさせてくれました。 特に第2楽章、ハイドンのような愉悦の響き、終楽章は疾風怒濤、活き活きとしていて真摯で熱く楽しい音楽を堪能しました。

音楽監督でもある指揮者の河崎さん、他の曲でもそうだったのですが、細かな指示を繰り出すのではなく、常に笑顔を絶やさず、身体をゆすって楽しそうに振り、時にオケに信頼を寄せるように微笑みかけて進めてゆく。 オケもまたそれにきちんと応えていました。

なおこれに先立って演奏された西玉美絵さんの独奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第20番。 西玉さんの淡々としていながらも底光りのするピアノの響きが素晴らしく、この曲のイメージによく合って魅力的でした。 ただ、オケの演奏がキレよく畳み掛けるようでもあって、ちょっと音量が大きかったかな。 西玉さんの音量もそれに負けてはいなくて、真摯で熱い演奏で応え、しっとりと浸るのではなくキリっと引き締まった若々しく真摯なモーツァルトとしていました。

レオノーレ序曲第1番もまたタイトでストレートな演奏でしたね。 冒頭こそ少々落ち着きを得ませんでしたが(ノン・ヴィブラート奏法だったかもしれませんが)、盛り上がるとキレよく畳み掛けるようにぐいぐいと進めて力強い演奏になりました。 小細工なし、ストレートに立ち向かった演奏に思えました。

とにかく、弦楽アンサンブルのふくよかさなど、1番シンフォニーの演奏は一味違っていました。 ソリッドに響く金管にも余裕を感じましたし、木管の柔らかな響きにも魅了されました。 心躍るような楽しい演奏に満足して会場を後にしました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20071110.htm

| | Comments (0)

November 04, 2007

12/1:滋賀医科大学管弦楽団 第47回定期演奏会

日時:2007年12月1日(土) 18:00開演(17:30開場)
場所:しが県民芸術創造館 (旧名称:草津芸術文化会館)

曲目:ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」
   ドヴォルザーク/スラブ舞曲第1番
   ビゼー/「アルルの女」第1組曲

指揮:岩井一也(音楽監督)

入場料:無料(整理券不要)

ホームページ:http://www.shiga-med.ac.jp/~orch/

<補足>

滋賀県立医科大学オケ、年に2回の定期演奏会、だいたい6月と12月に行っているそうで、今回は6回生の卒団公演にもなるのでしょうね。 なお指揮者の岩井さんはOBなのだそうです。

| | Comments (0)

12/2:箕面市民オーケストラ Winter Concert ~東欧の調べ~

日時:2007年12月2日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:箕面市立メイプルホール・大ホール

曲目:バルトーク/ハンガリアン・スケッチ
   スメタナ/高い城(ヴィシェフラド)--交響組曲「わが祖国」より
   ドヴォルザーク/交響曲第7番

指揮:間 威之

入場料:700円

ホームページ:http://www.geocities.jp/maple_philharmonic/

<補足>

メイプルフィルハーモニック(箕面市民オーケストラ)のウィンターコンサート。 この時期だと箕面の紅葉も終わっているかな~ 箕面までハイキングがてらにいかがですか。

| | Comments (0)

12/2:京都シティフィルハーモニー交響楽団 第26回定期演奏会

日時:2007年12月2日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:京都子供文化会館・大ホール

曲目:ベートーヴェン/バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲
   ハチャトゥリアン/組曲「仮面舞踏会」
   ブラームス/交響曲第4番ホ短調op.98

指揮:田中宗利

入場料:500円

ホームページ:http://kcpo.music.coocan.jp/

<補足>

1995年、ほとんどがオーケストラ未経験者ばかりで発足したコワイもの知らずのオケ。『根性と気合い』だけで交響曲を演奏してしまうという、相変わらず命知らずの集団とのこと。 面白そうですね。

| | Comments (0)

12/2:京都女子大学交響楽団 第17回定期演奏会

日時:2007年12月2日(日) 13:30開演(13:00開場)
場所:八幡市文化センター

曲目:エルガー/行進曲「威風堂々」作品39-1
   チャイコフスキー/バレエ「白鳥の湖」作品20より抜粋
   ブラームス/交響曲第3番ヘ長調op.90

指揮:安村好弘(京都女子大学教授)

入場料:500円

ホームページ:http://www.geocities.jp/kwu_orchestra/

<補足>

京都女子大学、略して京女(きょうじょ)をもじって、団及び団員を「響女」と称することもあるそうですって。 なるほどね。

| | Comments (0)

12/5:立命館大学交響楽団 第98回定期演奏会

日時:2007年12月5日(水) 19:00開演(18:00開場)
場所:びわ湖ホール大ホール

曲目:チャイコフスキー/歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ
   グリーグ/「ペールギュント」第1組曲
   マーラー/交響曲第1番ニ長調「巨人」

指揮:阪 哲朗・大房 誉(学生)

入場料:1,000円、大学生以下700円 (全席自由)

ホームページ:http://ruso.s297.xrea.com/

<補足>

阪哲朗さんの指揮による巨人、阪ファンも大勢詰め掛けるのじゃないかな。 チケットはチケットぴあ、JEUGIA三条本店または、団まで連絡するのだそうです。

| | Comments (0)

12/8:関西大学交響楽団 第59回定期演奏会

日時:2007年12月8日(土) 19:00開演(18:00開場)
場所:吹田市文化会館メイシアター・大ホール

曲目:ウェーバー/歌劇《魔弾の射手》序曲(*1)
   チャイコフスキー/組曲《白鳥の湖》(*2)
   チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調op.36

指揮:竹本泰蔵、松本裕太(学生,*1)、平尾真江(学生,*2)

入場料:500円

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kandaioke/top.html

<補足>

気鋭の関大オケ、学生指揮者の演奏も見事なものがあります。 いつも楽しみにしているんだけどなぁ、今回は出張帰着日で他の用事もあって伺えないのが残念です。 蛇足ですが、この日は関大卒身の奥さんの誕生日でもあります。

| | Comments (5)

12/9:けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 演奏会

日時:2007年12月9日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:やまと郡山城ホール

曲目:フンパーディンク/歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲
   モーツァルト/交響曲第35番ニ長調 K.385 「ハフナー」
   グラズノフ/交響曲第7番ヘ長調 Op.77

指揮:藏野雅彦

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.kpo.jp/

<補足>

指揮者に藏野さんを迎え、けいはんなフィルらしいハイソなプログラム。 今回はやまと郡山城ホールですか。 ここも綺麗なホールですね。

| | Comments (0)

12/15:甲南大学文化会交響楽団 第47回定期演奏会

日時:2007年12月15日(土)  18:30開演(18:00開場)
場所:神戸国際会館こくさいホール

曲目:ブラームス/大学祝典序曲
   ビゼー/歌劇「カルメン」より抜粋
   チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調

指揮:船曳圭一郎(客演),上間康弘(学生)

入場料:無料

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/2120/

<補足>

いつもルミナリエの時期に定期演奏会をされていますね。 ルミナリエ、土曜日だから点灯は17:30頃、消灯は22:00みたいですので、演奏会のついでに見ることもできるかな。 なお指揮者が宮里英樹さんより船曳圭一郎さんに変更になりました。

| | Comments (5)

12/24:京都フィロムジカ管弦楽団 第22回定期演奏会

日時:2007年12月24日(祝・月) 14:00開演(13:00開場)
場所:長岡京記念文化会館

曲目:山田耕筰/交響曲ヘ長調(かちどきと平和)
   ハチャトゥリアン/組曲「仮面舞踏会」
   シベリウス/交響曲第7番

指揮:清水史広

入場料:800円(前売)、900円(当日) 全席自由

ホームページ:http://www.kyotophilo.com/main.shtml

<補足>

山田耕筰の交響曲という珍しい曲、そしてシベリウス/交響曲第7番、いやぁ~京都フィロムジカらしいプログラム。 魅力的だなぁ。

| | Comments (0)

11月のアマオケコンサート情報

11月に、京阪神などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

※10/21(追加):11/18:加東フィルハーモニー管弦楽団 第2回定期演奏会
※11/4 (追加):11/18:高槻室内管弦楽団 第2回定期演奏会
            11/23:京都教育大学管弦楽団 第38回定期演奏会
            11/24:京都産業大学神山交響楽団 第9回定期演奏会

いざ、出発!!

11/4:オーケストラ・アンサンブル・三田 結成記念第1回定期演奏会
11/10:セント・マーティンオーケストラ 第4回定期演奏会
11/11:奈良県立医科大学室内管弦楽団 第32回定期演奏会
11/11:大津管弦楽団 第112回定期演奏会
11/13:同志社交響楽団 第79回定期演奏会
11/18:橿原交響楽団 第15回定期演奏会
11/18:八幡市民オーケストラ 第30回定期演奏会
11/18:加東フィルハーモニー管弦楽団 第2回定期演奏会
11/18:高槻室内管弦楽団 第2回定期演奏会
11/23:京都教育大学管弦楽団 第38回定期演奏会
11/24:グリーン交響楽団 第19回定期演奏会
11/24:かぶとやま交響楽団 第36回定期演奏会
11/24:京都産業大学神山交響楽団 第9回定期演奏会
11/25:豊中市民管弦楽団 第37回定期演奏会

| | Comments (2)

11/18:高槻室内管弦楽団 第2回定期演奏会

日時:2007年11月18日(日) 14:00開演
場所:高槻現代劇場・大ホール

曲目:バッハ(寺坂隆夫編)/平均律クラヴィア曲集第1巻より「前奏曲とフーガ」
   モーツアルト(寺坂隆夫編)/「アヴェヴェルム・コルプス」(*合唱)
   源田俊一郎編曲/「ふるさとの四季」(*合唱)
   ベートーヴェン/交響曲第2番ニ長調op.36

賛助出演:安岡寺小学校PTAコーラス
     ウッディコール
     コールさわらぎ
     プリムローズ  他有志

指揮:寺坂隆夫

入場料:無料

ホームページ:http://www.tcn.zaq.ne.jp/tco/

<補足>

枚方フィルの指揮者でもある寺坂さんが指揮されている高槻室内管弦楽団の第2回定期演奏会。 お近くの方は是非どうぞ。

| | Comments (0)

11/23:京都教育大学管弦楽団 第38回定期演奏会

日時:2007年11月23日(祝・金)  14:00開演(13:30開場)
場所:長岡京記念文化会館

曲目:エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
   チャイコフスキー/組曲「くるみ割り人形」
   ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」

指揮:藏野雅彦(客演)

入場料:無料

ホームページ:http://music.geocities.jp/kue_orchestra/index.htm

<補足>

藏野さんの指揮による演奏会、しかも4回生にとっては卒業公演でしょうね。 統制がとれた熱い演奏になることでしょう。

| | Comments (0)

11/24:京都産業大学神山交響楽団 第9回定期演奏会

日時:2007年11月24日(土)  14:30開演(14:00開場)
場所:京都産業大学神山ホール・大ホール

曲目:シベリウス/交響詩「フィンランディア」
   ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
   ベートーヴェン/交響曲第7番

独奏:佐竹裕介(p)

指揮:門 良一

入場料:無料

ホームページ:http://koyamakyo.yh.land.to/

<補足>

神山交響楽団は京都産業大学の学生主体で他の交響楽団に無い活動を目指しているそうです。 なお指揮者の門さん、京産大の理学部の先生でもありますね。

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »