« January 2007 | Main | March 2007 »

February 26, 2007

【感想】同志社女子大学オペラクラス 第20回公演「フィガロの結婚」

2007年2月24日(土) 14:00 同志社女子大学・新島記念講堂

モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」全4幕(日本語上演)
演出・音楽指導: 坂口茉里
音楽指導: 中村利男
衣装: 岸井克己

アルマヴィーア伯爵:三原 剛
フィガロ:井原秀人
ドン・バルトロ:雁木 悟
ドン・バジリオ:松岡重親
ドン・クルツィオ:平松実留
アントニオ:伊藤 正

<4回生オペラクラス配役>
伯爵夫人:国分 文(2幕)
     岩本夕弥(3・4幕)
スザンナ:岩井志津香(1幕)
     村尾 藍(2幕)
     矢本未来(3幕前)
     沼田温香(3幕中)
     大石友美(3幕後、4幕)
ケルビーノ:森 理奈(1・3幕)
      淺野靖世(2・4幕)
マルチェリーナ:森 理奈(1・2幕)
        江口華紅子(3・4幕)
バルバリーナ:村松真葦

村娘・花娘: 3回生オペラクラス(14人)

(花娘)
望田静香、岩崎志帆
村の若者: 大阪音楽大学有志(8人)

管弦楽: 同志社女子大学音楽学科管弦楽団有志
チェンバロ: 松浦亜季(卒業生)

指揮: 井村誠貴

<感想>

同志社女子大学オペラクラスの卒業公演。 今回が第20回だそうですが、観るようになって今回が3回目。 昨年に続いて充実した公演を楽しみました。

1年かけて作り上げてきた「フィガロの結婚」。 今年も超満員の観客でしたね。 緊張しないほうがウソだと思いますが、関西トップクラスの男声陣の方々と堂々と渡り合い、のびのびとした歌と演技、聴き応え・見ごたえのある公演を今年も楽しみました。 いつもながら思いますが、ちょっとした仕草など演技が巧いのが物語を深くしていますね。 真剣に取り組んでいるレベルの高さを感じます。

出演された皆さんにはそれぞれに良いところがあって、なるほどね、なんて感じながらそれぞれの配役を楽しみました。 スザンナなど総勢5名、第3幕では3人も入れ替わって演じるのですが、その違和感を感じさせないのは、演出の力もありますがやはりしっかりとした演技力じゃないかと思ってみたりします。

いつもはオーケストラの演奏会が主で、声楽はあまり(ほとんど)聴く機会を得ませんが、毎年このオペラ公演が楽しみになってしまいました。 やっぱりオペラもナマが最高(あたりまえ)。 歌・芝居・オーケストラが一体となった同女オペラクラス公演。 モーツァルトの楽しい音楽で今年も大満足。 観て聴いて楽しませていただきました。 皆さんお疲れさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20070224.htm

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 24, 2007

【感想】オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ 第11回定期演奏会

2007年2月18日(日) 14:00  八尾プリズムホール

シューマン: 交響曲第4番(1841年初稿版)(*)
ショスタコーヴィッチ: 交響曲第12番「1917年」

(アンコール)マスカーニ: 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲

指揮: 松永健司郎(*、団内)、池田俊明(団内)

<感想>

意欲的なプログラムを真摯に熱く集中力高く演奏した素晴らしい演奏会でした。

シューマンの交響曲第4番の1841年初稿版。 キリっとした表情の演奏を楽しみました。
第4楽章の冒頭、こんなにも違うのですね(CDを持ってますが予習してなかったので覚えてなく改めて驚きました)。 しかしそんな楽曲への興味よりも、プログラムにも書いてあるように、ロマン派というよりもベートーヴェンからの「過渡期」と書かれたのが分かるような真摯な演奏を楽しみました。 ちょっと噛んで含めるように感じた場面もありましたけれど、感情に流されず、構成感を大切にした演奏と理解しました。 大きな拍手を贈りました。

ショスタコーヴィッチの交響曲第12番「1917年」。 物凄い集中力を保ったまま最後まで駆け抜けた熱い演奏でした。 感動しました。
冒頭の低弦、艶と張りのある響きに気持ちが篭もっていて、耳を奪われたまま大音量による革命シーンに突入。 一糸乱れぬ見事な演奏に、否応なく巻き込まれてゆきました。 そして第3楽章もまた身を乗り出さざるを得ないような圧倒的な演奏が展開。 第2楽章や終楽章の前半の静かな場面でも全く集中力が途切れることのない入念な演奏です。 そして終楽章エンディングが更に圧倒的。 どこまで凄いんや、と唖然。 最後はシンバルが2組になるのですね。 満身の力をこめたフィナーレに会場から熱い拍手が沸き起こったとても熱い演奏会でした。

このオケを聴くのは1年ぶりでしょうか。 大学オケOBが立ち上げたオケの例に漏れず、平均年齢30歳を越えてからの団員減が悩みのようですが、踏ん張って継続して欲しいと願っています。
団内指揮者でこれほどの演奏が出来るオケなんてありませんもの。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20070218.htm

| | Comments (7) | TrackBack (2)

February 17, 2007

【感想】関西学院交響楽団 第108回定期演奏会

2007年2月12日(祝・月) 18:00  尼崎アルカイックホール

リムスキー・コルサコフ: 歌劇「皇帝の花嫁」序曲 (*)
ボロディン: 交響曲第2番ロ短調
プロコフィエフ: 交響曲第7番嬰ハ短調 op.131

(アンコール)チャイコフスキー: バレエ曲「白鳥の湖」より「乾杯の踊り」

指揮: 井村誠貴、平田將明(*、学生)

<感想>

ボロディンの交響曲第2番とプロコフィエフの交響曲第7番、濃厚でドラマティックな演奏に驚きました。

ボロディンの交響曲第2番、ギリギリにまで引絞った弓で矢を放つかのような張り詰めた響き、しかも重量感たっぷりの濃厚な開始、否応無く曲に引きずり込まれました。 中低弦が芯になった弦楽器を大きくうねらせながら、美しい木管の響きを散りばめ、渋く底鳴りのする金管など、若い血が迸るような演奏に終始唸っていました。

そして、プロコフィエフの交響曲第7番。 あまり聴かない曲なので簡単に予習をしてから出かけたのですが、もう全く印象が違ってました。 憂いをたっぷりと含んだ第1楽章、こんなにも濃厚な曲やったっけ・・・。 ここでも低弦が芯になってドラマティックに曲を展開。 後半、明るさが見えて高音弦が歌い、木管も綺麗に響いていたのにも懐かしい感じがし、まさに青春(を回想する)交響曲。 力の漲らせてアタッカで入った終楽章のカラフルな演奏にも目を見張りました。 とにかくいずれの曲も大きな呼吸をし、オーケストラも奮闘した見事な演奏に感激しました。

また冒頭の学生指揮者・平田將明さんの指揮による R.コルサコフの歌劇「皇帝の花嫁」序曲も堂々とした見事な演奏でした。
平田さん、パンフレットにも書かれていますが演奏旅行では「本当に学生指揮者?」言われるほどの堂々とした指揮ぶり。 艶やかに巧く纏めた弦楽器、落ち着いた木管、渋く響かせてパワーを持たせた金管、恰幅の良さを感じました。

ということで、簡単に言うならば、濃いぃ~演奏会でした。
正直、連休最後の夜の演奏会なので、翌日の仕事のことなど考えて少々億劫だったのですが、素晴らしい演奏の数々に元気を頂きました。 皆さんありがとうございました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20070212.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月のアマオケコンサート情報

3月に、京阪神などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

いざ、出発!!

3/3:同志社交響楽団 ハンガリー公演2007出発演奏会
3/4:六甲フィルハーモニー管弦楽団 第23回定期演奏会
3/10:紫苑交響楽団 第9回定期演奏会
3/10:大阪市民管弦楽団 第66回定期演奏会
3/11:ミュー室内管弦楽団 第10回定期演奏会
3/18:響け!アマチュアオーケストラ
3/18:明石フィルハーモニー管弦楽団 第1回定期演奏会

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3/3:同志社交響楽団 ハンガリー公演2007出発演奏会

日時:2007年3月3日(土) 15:00開演 (14:30開場)
場所:同志社大学寒梅館ハーディーホール

曲目:芥川也寸志/交響管絃楽のための音楽
   リスト/交響詩「前奏曲」
   ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」

指揮:新田ユリ

入場料:無料

ホームページ:http://www.musicinfo.co.jp/~dk-abroad2007/

<補足>

ハンガリー公演とは素晴らしいですね。
OBの方にはお世話になっていますが現役オケはまだ聴かせてもらったことがないのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/4:六甲フィルハーモニー管弦楽団 第23回定期演奏会

日時:2007年3月4日(日) 14:00開演 (13:30開場)
場所:神戸文化ホール 大ホール

曲目:バルトーク:ハンガリアン・スケッチ
   ヒンデミット:組曲「気高き幻想」
   ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調

指揮:井﨑正浩(客演)

入場料:無料(会場で整理券を配布)

ホームページ:http://rokkophil.gooside.com/

<補足>

いつも無料で質の高い演奏を聴かせてくれる六甲フィル。
直接会場で整理券を渡してくれます。 お近くの方はお気軽に。
でも今回、地元の別の演奏会があるので神戸遠征できず残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/10:紫苑交響楽団 第9回定期演奏会

日時:2007年3月10日(土) 18:00開演 (17:30開場)
場所:八幡市文化センター 大ホール

曲目:ニールセン/「ヘリオス」序曲
   シベリウス/ヴァイオリン協奏曲
   ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」

独奏:尾崎 平(vn)

指揮:高谷光信

入場料:500円

ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/~shion_symphony_orchestra/

<補足>

紫苑(しおん)交響楽団、宗教団体とは関係ありません・・との張り紙もありましたが、同志社大学オケOBによって立ち上げられたオケといえば理解できるでしょう。
今回はトレーナーでもある大阪センチュリー交響楽団1stVn次席奏者の尾崎平さんによるシベリウスのヴァイオリン協奏曲。 しかもイケメン高谷さんによる演奏会ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/10:大阪市民管弦楽団 第66回定期演奏会

日時:2007年3月10日(土) 18:30開演 (17:30開場)
場所:ザ・シンフォニーホール

曲目:ブラームス/悲劇的序曲
   ヒンデミット/ウェーバーの主題による交響的変容
   ブラームス/交響曲第4番

指揮:藏野雅彦

入場料:S席 2,000円 (座席指定)
    A席 1,500円 (17:00より座席券と引換)

ホームページ:http://www.osaka-shiminkan.org/

<補足>

ホームページより「コンサート会員」になれば、A席1,500円のところが優待価格1,000円になります。 入会金・会費ともに無料ですからお得ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/11:ミュー室内管弦楽団 第10回定期演奏会

日時:2007年3月11日(日)  14:00開演
場所:神戸灘区民センター・マリーホール

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
   ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」
   モーツァルト/交響曲第40番ト短調

指揮:中牟田 信

入場料:500円

ホームページ:http://www2u.biglobe.ne.jp/~mukammer/

<補足>

1994年に発足、兵庫県西宮市を拠点に活動している室内管弦楽団だそうです。
モーツァルトやベートーヴェンの時代を中心に小編成オーケストラとして「個」と「和」を大切にしながら演奏をしているとのこと。 興味あります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/18:響け!アマチュアオーケストラ

日時:2007年3月18日(日) 14:00開演
場所:高槻現代劇場中ホール

演奏団体・曲目:

  高槻室内管弦楽団(指揮:寺坂隆夫)
   ・モーツアルト/交響曲第40番ト短調K.550

  紫苑交響楽団(指揮:高谷光信)
   ・ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」

  ハーモニックソアラ(指揮:関谷弘志)
   ・ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」

入場料:無料(要整理券)

ホームページ:

  高槻室内管弦楽団
   http://www.tcn.zaq.ne.jp/tco/
  紫苑交響楽団
   http://www7a.biglobe.ne.jp/~shion_symphony_orchestra/
  ハーモニックソアラ
   http://www.geocities.jp/music_soarer/index.html

<補足>

 整理券は、高槻現代劇場、生涯学習センター、総合市民交流センターで2月1日から配布されているそうですが、高槻現代劇場では2月3日に配布完了したとのこと。 人気の高さが伺えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3/18:明石フィルハーモニー管弦楽団 第1回定期演奏会

日時:2007年3月18日(日) 14:00開演 (13:30開場)
場所:明石市民会館アワーズホール・大ホール

曲目:スッペ/喜歌劇「軽騎兵」序曲
   ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
   チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調

コンサートマスター:梅沢和人

指揮:斉田好男・松井隆司

入場料:1,500円

ホームページ:http://www.tacophil.jp/

<補足>

明石といえば、たこ、なので通称「たこフィル」が設立されたそうです。
コンサートマスターには大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスター梅沢和人さんが迎えられています。 お近くのかたはどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2007

【LP】アラン・ホヴァネス/マニフィカト

Poseidon_1018

このところ17-18世紀の宗教音楽を立て続けに聴いているけれど、2000年に亡くなったアルメニア系米国人作曲家アラン・ホヴァネスによる宗教音楽「マニフィカト」もまた心休まる逸品です。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/poseidon_1018.htm

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 11, 2007

【Concerthall Society】「その20」に1点追加しました

BQクラシックスの「コンサートホールLP・アルバム(20)」にジャケット写真を1点追加しました

Sms2237

チャイコフスキー: バレエ音楽「くるみ割り人形」

ジャンフランコ・リヴォリ指揮アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団

※フランス盤

| | Comments (0)

February 04, 2007

【感想】吹田市交響楽団 第62回定期演奏会

2007年1月28日(日) 14:00  吹田市文化会館メイシアター・大ホール

シューベルト: 「ロザムンデ」序曲 op.26 (*)
シューマン: ピアノ協奏曲イ短調 op.54 (*)
ブラームス: 交響曲第1番ハ短調 op.68(ヘンレ版)

(アンコール)ブラームス: ハンガリアン舞曲第1番

独奏: 丸山耕路(*)

指揮: 米山 信(*)、新谷 武

<感想>

丸山耕路さんのリリックなピアノ、見事なピアノ・コントールによるシューマンのピアノ協奏曲に感動しました。

1983年生まれのまだ若いピアニスト。 大阪音楽大学では最優秀賞を得て首席卒業した実力の持ち主なのですが、パンフレットに書かれた経歴には、電子オルガン、エレクトーンという文字が。 高校2年生の時にピアノに転向されたそうです。 偏見で申し訳なかったのですが、どうかな、なんて正直思っていたのですけれど、感情を巧く乗せたとても綺麗な響きが特徴的。

第1楽章の終わり、シューマンらしいくぐもった感じも見事に活写されて、素晴らしい演奏に感激しました。 あと、個人的には終楽章。 この楽章をバリバリと弾くのが多いようなのですが、しなやかでリッリクさをもった演奏とするのが好きなのですね。 まさしくそのような演奏が終始展開されて、この曲のこともっと好きになりました。
伴奏もまた、常任指揮者米山さん(大阪音楽大学ピアノ科教授)による指揮のもと、しなやかな表現で見事にサポート。 素晴らしい才能・演奏に大きな拍手を贈りました。

冒頭のシューベルト「ロザムンデ」序曲、こちらも米山さんの指揮でしたけれど、ん?、いつもと違って精力的な演奏でしたね。 大きな音量で畳みかけるような表現に驚きました。 いつもの省エネ運転ならぬ省エネ指揮法、淡々とした味わい深い演奏が好きだったのですけれど。 指揮法そのものは変わっていないようなのに、今回はオケが少々無防備に鳴っていたのでは。 ちょっと戸惑いました。

そしてもっと戸惑ったのがメイン、新谷さんの指揮によるブラームスの交響曲第1番。 マニアックな新谷さんの拘りでしょうね、この曲のみオーケストラを対抗配置に変更。 しかも、コントラバス8本をステージ後方に一直線に並べたムジークフェライン流。 このオケをこの配置で聴くのは初めてです。

冒頭のテンポの物凄い速さ、とにかく吃驚しました。 そして終楽章では、左右に振り分けられた金管、中央に配された低弦、そして両翼のヴァイオリンとが絡み合うとても精力的な演奏。 重厚で張りのある響きでホールが満たされました。

あとで教えてもらったのですが、このブラームスは指揮者の意向による版の指定、そして楽譜に忠実にテンポやダイナミクスを守った演奏を目指したとのこと。 
個人的には、ちょっとやりすぎかなぁ、なんて正直思ったりもしましたけれど、このような意欲的な取り組みは大いに評価したいと思っています。 アマオケなんだから、どんどんチャレンジして欲しいですものね。 皆さんお疲れさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20070128.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »