« 12月のアマオケコンサート情報 | Main | 【感想】奈良女子大学管弦楽団 第37回定期演奏会 »

December 02, 2006

【感想】グリーン交響楽団 第18回定期演奏会

2006年11月25日(土) 16:00  吹田メイシアター大ホール

ブラームス: ハイドンの主題による変奏曲op56
シベリウス: 交響曲第5番変ホ長調
チャイコフスキー: 交響曲第1番ト短調「冬の日の幻想」

(アンコール)ブラームス: ハンガリー舞曲第6番

指揮: 高谷光信

<感想>

高谷光信さんの指揮によるチャイコフスキーの交響曲第1番、
颯爽としてカッコ良いのはいつもどおりですが、息づいた音楽に心踊らされました。

グリーン交響楽団、毎年聴かせてもらっていますが、統率のとれた巧いオケといった感じを今回も受けました。
冒頭のブラームスのハイドン・ヴァリエーション、柔らかな響きを基調にし、ホルンの斉奏も素晴らしかったですね。 高谷さん、丁寧に振り分け、テキパキと曲を進めてしっかりと纏めあげました。
続くシベリウスの交響曲第5番、この演奏もまた熱くもありましたが基本的にはすっきりと美しく纏めた演奏ではなかったでしょうか。 緻密なアンサンブルは最後まで崩れることなく、響きの美しさ、纏まり感の見事な演奏でした。
さて、これら2曲に比するとメインのチャイコフスキーは更に一味違っていたようです。
さっそうと進めた第1楽章、美しい第2楽章、伸びやかでカッコ良い演奏とした第3楽章、そしてメリハリを利かせて熱く歌いあげた終楽章。 どこをとっても素晴らしい演奏が展開され、さすがロシアで勉強された高谷さん、と唸らされました。
実はこの曲、好きなんですね。 だから、聴いていて嬉しくなったこともありますが、若々しく、しかもとてもカッコよく纏められていて、聴いていてワクワクとする演奏に、このところも疲れも吹っ飛びました。 ありがとうございました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20061125.htm

|

« 12月のアマオケコンサート情報 | Main | 【感想】奈良女子大学管弦楽団 第37回定期演奏会 »

Comments

初めまして
私もグリーン交響楽団の演奏会を聴きに行きました。本当に素敵な演奏でした。
感想文を読ませて頂きました。
とても詳しく細かな所まで覚えていらっしゃるので驚きました。
これからも、演奏会の情報と感想文を楽しみにしています。

Posted by: ゆみ | December 02, 2006 at 11:02 PM

こちらこそ初めまして。
そして、コメントありがとうございます。
高谷さん、カッコ良かったですね~
チラシにも入ってましたが、12/24の甲南大学文化会交響楽団 第46回定期演奏会では、マーラーの巨人を指揮されるようです。
無料演奏会ですし、新しい兵庫県立芸術文化センター・大ホールにも興味あります。
問題はこのところのお仕事との調整ですが・・・
とにかく演奏会情報、ご活用いただければ幸いです。 では

Posted by: 安田裕隆 | December 03, 2006 at 05:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25005/12907140

Listed below are links to weblogs that reference 【感想】グリーン交響楽団 第18回定期演奏会:

« 12月のアマオケコンサート情報 | Main | 【感想】奈良女子大学管弦楽団 第37回定期演奏会 »