« April 2006 | Main | June 2006 »

May 27, 2006

【感想】枚方フィルハーモニー管弦楽団 第63回定期演奏会

2006年5月21日(日) 14:00  枚方市民会館大ホール

モーツァルト: 歌劇「魔笛」序曲
ブラームス: ハイドンの主題による変奏曲
シューマン: 交響曲第1番「春」

(アンコール)グリーグ: 過ぎにし春
(アンコール)プッチーニ: 歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

指揮: 生島 靖

<感想>

アットホームで、自分たちの音楽を一生懸命演奏する枚方フィルの演奏を楽しみました。
なかでもシューマンの交響曲「春」、ほんと月並みな言葉ですけれど、いい演奏を聴かせてもらって幸せになりました。 軽快さと重厚さを取り合わせ、またシューマンらしいリズム感もうまく決めていて、ブラボーがかかったのも納得です。 ミスなど確かにありましたし、オーボエのリードも不調のようでしたけれど、それさえも精一杯の気持ちが勝っていました。 言い方は悪いのですが、ちょっと鳴りにくい楽器を一生懸命に鳴らしている、そんな雰囲気も感じ、自分たちの音楽を演るってこんなことなんだな、と感じいった演奏でした。
冒頭の生誕250年のモーツァルトの「魔笛」序曲も明るく快活。 丁寧に演奏されていましたけれど、いわゆるモーツァルト色がよく出ていました。 聴いていると、これまた嬉しくなってきた演奏に、大きな拍手を贈らせてもらいました。
ただしその丁寧さが裏目に出たのがブラームスのハイドン・ヴァリエーション。 実直そのものなブラームスでした。 各変奏をしっかり演奏していましたけれど、さらにそこにピンと1本筋の通った何かがが欲しい、そんな感じがしました。 それでも一生懸命さのよく伝わってきた演奏には違いありません。
冒頭にも書きましたけど、自分たちの音楽を自分たちなりに一生懸命演奏されている枚方フィル。 気軽に生のオーケストラ音楽を楽しんでもらうために無料公演を基本とした活動は、アマチュア・オーケストラとして大切なことだと思います。 そして今回の演奏会もまた小さなお子さん連れの方が多くおられました。 演奏終了後にはすっかり眠ってしまった子供を抱き疲れたお母さんに、「大変ですね~」なんて声をかけると、「寝ててくれてよかったです」などという会話も自然と出てきたアットホームな演奏会。 確かに演奏技術は大切だけれども、技術偏重に陥らず、持てる以上のものを出そうとする演奏を心がけていらっしゃる枚方フィルの姿勢に触れることができ、癒された演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20060521.htm

| | Comments (1) | TrackBack (0)

6月のアマオケコンサート情報

6月に、京阪神奈滋などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

いざ、出発!!

6/4:京都市民管弦楽団 第73回定期演奏会
6/4:千里フィルハーモニア・大阪 第35回定期演奏会
6/4:やまなみグリーネ管弦楽団 第21回定期演奏会
6/10:大阪市立大学交響楽団 June Concert 2006
6/11:京都シンフォニカ 第30回定期演奏会
6/11:橿原交響楽団 Family Concert 2006
6/11:京都フィロムジカ管弦楽団 第19回定期演奏会
6/11:けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 演奏会
6/17:吹田市交響楽団 第61回定期演奏会
6/17:神戸大学交響楽団 Summer Concert 2006
6/17:滋賀医科大学管弦楽団 第44回定期演奏会
6/18:宝塚市交響楽団 第40回定期演奏会
6/18:大津管弦楽団 第109回定期演奏会
6/24:関西大学交響楽団 第29回サマーコンサート
6/25:関西学院交響楽団 第107回定期演奏会
6/25:豊中市民管弦楽団 第34回定期演奏会
6/25:摩耶交響楽団 第3回定期演奏会
6/25:三田市民オーケストラ ファミリーコンサート2006
6/25:ひこね第九オーケストラ 第7回サマーコンサート
6/25:宇治シティフィルハーモニー 第48回定期演奏会
6/28,30:京都大学交響楽団 第179回定期演奏会

| | Comments (0) | TrackBack (1)

6/4:京都市民管弦楽団 第73回定期演奏会

日時:2006年6月4日(日) 14:30開演(13:30開場)
場所:京都コンサートホール・大ホール

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」 K620 序曲
   ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」
   フランク/交響曲ニ短調

指揮:小田野宏之

入場料:前売 1,000円,当日 1,200円 (全席自由)

ホームページ:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shioji/KCP/

<補足>

ちょっとご無沙汰している京都市民管の演奏会。
ハイドンとフランクの交響曲ニ短調というちょっと面白い組み合わせかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/4:千里フィルハーモニア・大阪 第35回定期演奏会

日時:2006年6月4日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:いずみホール

曲目:リヒャルト・シュトラウス/13管楽器のためのセレナーデ 変ホ長調 Op.7
   ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61
   チャイコフスキー/交響曲第5番 ホ短調 Op.64

指揮/独奏:澤 和樹(vn)

入場料:3,000円

ホームページ:http://www.hi-ho.ne.jp/kataoka/senri/

<補足>

弦楽器の綺麗な響きが特徴的な千里フィルハーモニア・大阪。 指揮者でありヴァイオリン奏者である澤さんの指導が行き届いているのでしょうが、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の弾き振りには注目ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/4:やまなみグリーネ管弦楽団 第21回定期演奏会

日時:2006年6月4日(日) 13:30開演(14:00開場)
場所:やまなみホール(京都府南山城村)

曲目:ロッシーニ/「アルジェのイタリア女」序曲
   モーツァルト/ピアノ協奏曲 (補足参照)
   シューマン/交響曲第4番ニ短調

独奏:第6回堺国際ピアノコンクール優勝者

指揮:河野正孝

入場料:1,000円

ホームページ:http://homepage3.nifty.com/yamanami-g

<補足>

ピアノ協奏曲の曲目、ソリストは第6回堺国際ピアノコンクールの本選後に決定とのこと。
モーツァルトのピアノ協奏曲はいずれも好きですし、シューマンの交響曲第4番は大好きな曲。 ちょっと遠いけれど、興味がそそられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/10:大阪市立大学交響楽団 June Concert 2006

日時:2006年6月10日(土) 19:00開演(18:30開場)
場所:八尾市文化会館 プリズムホール

曲目:チャイコフスキー/「エフゲニー・オネーギン」より ポロネーズ
   チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
   ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」

指揮:川島秀夫

入場料:無料

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/1550/

<補足>

昨年、若々しく清新な力と熱気にあふれた演奏を聞かせてくれた大阪市立大学交響楽団。
指揮者の川島さんって、関西フィルのコンサートマスターですよね。 どんな運命になるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/11:京都シンフォニカ 第30回定期演奏会

日時:2006年6月11日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:京都こども文化会館(エンゼルハウス)

曲目:ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
   フォーレ/「ペレアスとメリザンド」作品80
   シューベルト/交響曲第8番ハ長調D.944「ザ・グレイト」

指揮:井村誠貴

入場料:1,500円(全席自由)

ホームページ:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/k-kitamr/

<補足>

井村さんの指揮によるシューベルトの「ザ・グレイト」。 興味湧きますね。
どのような演奏になるのかな。 よく歌うんだろうなぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/11:橿原交響楽団 Family Concert 2006

日時:2006年6月11日(日) 13:30開演(13:00開場)
場所:万葉ホール・ロマントピアホール

曲目:ヴェルディ/歌劇アイーダより「凱旋行進曲」
   エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
   チャイコフスキー/バレエ組曲「くるみ割り人形」より”花のワルツ”

指揮:朝倉 洋

入場料:不明

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kashikyo/

<補足>
「元気の出るコンサート」と題されて、お馴染みの曲が並んだ演奏会。
朝倉さんと橿響、いいコンビだと思います。 気楽に伺いたいコンサートです。
入場料は、500円じゃないでしょうか。 なお、母子室もあるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/11:京都フィロムジカ管弦楽団 第19回定期演奏会

日時:2006年6月11日(日) 14:00開演(13:00開場)
場所:京都市右京ふれあい文化会館

曲目:シューマン/交響曲第4番
   ベートーベン/交響曲第3番『英雄』

指揮:金 正奉

入場料: 900円

ホームページ:http://www.kyotophilo.com/

<補足>

新進気鋭の金正奉さんの指揮によるベートーヴェンの「英雄」とシューマンの第4番の交響曲。 同日に同じ京都で井村さんの「ザ・グレイト」がぶつかっているのが悩みです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/11:けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 演奏会

日時:2006年6月11日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:けいはんなプラザ メインホール

目標:ヴェルディ/歌劇「ナブッコ」序曲
   安田結衣子/シンフォニエッタ<委嘱作品>(世界初演)
   メンデルスゾーン/交響曲第4番イ長調 Op.90 「イタリア」

指揮:藏野雅彦

入場料:1,000円

ホームページ:http://kpo.jp/

<補足>

ずいぶんご無沙汰してしまったけいはんな。 今回もまた気鋭のプログラム。
気鋭の作曲家・安田結衣子さんに委嘱したオーケストラ曲の世界初演がありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/17:吹田市交響楽団 第61回定期演奏会

日時:2006年6月17日(土) 18:00開演(17:30開場)
場所:吹田市文化会館「メイシアター」大ホール

曲目:ベルリオーズ/「ローマの謝肉祭」序曲 Op.9
   ミヨー/バレエ音楽「屋根の上の牛」 Op.58
   ベルリオーズ/幻想交響曲 Op.14a

指揮:米山 信、新谷 武

入場料: 600円

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~suikyo/

<補足>

いつもうかがっている吹響でミヨーのバレエ音楽「屋根の上の牛」なんていう珍しい曲がかかりますね。 楽しみ楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/17:神戸大学交響楽団 Summer Concert 2006

日時:2006年6月17日(土) 19:00開演(18:30開場)
場所:尼崎市総合文化センター アルカイックホール

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
   ベートーヴェン/交響曲第1番ハ長調
   シベリウス/交響曲第2番ニ長調

指揮:牧村邦彦、河合悠吾(学生)

入場料:500円(全席自由)

ホームページ:http://home.kobe-u.com/symphony/

<補足>

牧村さんによるシベリウスの交響曲第2番に興味沸きますね。
同日、吹響の演奏会なんで・・・ごめんなさいかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/17:滋賀医科大学管弦楽団 第44回定期演奏会

日時:2006年6月17日(土) 18:00開演(17:30開場)
場所:栗東芸術文化会館さきら・大ホール

曲目:チャイコフスキー/「白鳥の湖」よりワルツ
   チャイコフスキー/スラヴ行進曲
   ブラームス/交響曲第1番

指揮:岩井一也

入場料:無料

ホームページ:http://www.shiga-med.ac.jp/~orch/

<補足>

栗東芸術文化会館さきら・大ホールは、JR栗東駅より歩いてすぐとのこと。
遠足気分でいかがですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/18:宝塚市交響楽団 第40回定期演奏会

日時:2006年6月18日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:尼崎市総合文化センター・アルカイックホール

曲目:ハチャトゥリアン/組曲「仮面舞踏会」
   マーラー/交響曲第9番ニ長調

指揮:田中一嘉

入場料:1,000円

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~zukakyo/

<補足>

40回記念としてマーラーの大曲に挑まれる塚響。 指揮の田中さん、昨年は復活も振られていましたよね。 大いに期待したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/18:大津管弦楽団 第109回定期演奏会

日時:2006年6月18日(日) 14:00開演(13:15開場)
場所:大津市民会館大ホール

曲目:ビゼー/「カルメン」組曲より
   ファリャ/バレエ音楽「恋は魔術師」
   フランク/交響曲二短調

独唱:三井ツヤ子(MS)

指揮:山川すみ男

入場料:一般:前売1,000(当日1,300)円、高校生以下:前売700(当日1,000)円

ホームページ:http://www.daikan1951.com/

<補足>

滋賀の老舗アマオケ大管。 なかなか伺えませんが、いいプログラミングですよね。 お近くのかたは是非どうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/24:関西大学交響楽団 第29回サマーコンサート

日時:2006年6月24日(土) 19:00開演 (18:00開場)
場所:吹田市文化会館メイシアター・大ホール

曲目:ムソルグスキー/禿山の一夜(*)
   ドリーブ/バレエ音楽「シルヴィア」(**)
   ブラームス/交響曲第2番ニ長調op.73

指揮:関谷弘志、大塚佑馬(学生 **)、松本裕太(学生 *)

入場料:500円

ホームページ:http://kandaioke.j-mx.com/index2.html

<補足>

アンサンブル金沢の指揮者でもあった関谷さんを客演に迎えてブラームスの交響曲第2番。
ブラームスというと秋のイメージですけど、学生指揮が春を感じさせてくれるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:関西学院交響楽団 第107回定期演奏会

日時:2006年6月25日(日) 14:00開演(13:30開場)…(予定)
場所:尼崎アルカイックホール

曲目:J.シュトラウス/喜歌劇「こうもり」序曲
   ハチャトリアン/組曲「仮面舞踏会」より抜粋
   シベリウス/交響曲第2番ニ長調

指揮:井村誠貴、平田將朋(学生)

入場料:500円

ホームページ:http://www15.ocn.ne.jp/~kgso/

<補足>

井村さんによるシベリウスの交響曲第2番。 学生オケと生きの良いところを聞かせてくれるんじゃないでしょうか。 楽しみですが、摩耶響のマーラーの5番もあるし、どうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:豊中市民管弦楽団 第34回定期演奏会

日時:2006年6月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:吹田市文化会館メイシアター

曲目:モーツァルト/歌劇「劇場支配人」序曲
   フランク・ブリッジ/交響組曲「海」
   ブラームス/交響曲第2番ニ長調 op.73

指揮:谷野里香

入場料:800円

ホームページ:http://n2w.or.tv/oke/

<補足>

英国の作曲家ブリッジ(ブリテンの先生)の「海」がかかる珍しい演奏会です。 行ってみたい~・・けど、井村さんの演奏会と同じ日、同じ時間でしょ。 困ったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:摩耶交響楽団 第3回定期演奏会

日時:2006年6月25日(日) 13:30開演(13:00開場)
場所:神戸文化ホール・大ホール

曲目:ワーグナー/ジークフリート牧歌
   マーラー/交響曲第5番

指揮:佐々木宏

入場料:不明

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/8526/

<補足>

2003年9月発足した若いアマオケが、第3回目の定期演奏会でマーラーに挑みます。
でもこのオケ、託児をやっていいて、小さなお子さんがいる演奏者の方も団に参加しやすいような配慮もされていて、これはなかなか貴重な存在だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:三田市民オーケストラ ファミリーコンサート2006

日時:2006年6月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:三田市民会館大ホール

曲目:チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」
   エルガー/行進曲「威風堂々」
   久石 譲/オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」

指揮:西村順吉/和田 敦

入場料:無料

ホームページ:http://sanda-oke.web.infoseek.co.jp/

<補足>

-TVから聴こえる あの名曲-と題された演奏会。 なお今回「となりのトトロ」の演奏会は お話も交えながら演奏とのこと。 面白そうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:ひこね第九オーケストラ 第7回サマーコンサート

日時:2006年6月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:ひこね市文化プラザ・グランドホール

曲目:ベートーヴェン/「フィデリオ」序曲
   ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
   ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」1919年版

指揮:高谷光信

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.biwa.ne.jp/~askneoid/orch/index2.html

<補足>

若手イケメン指揮者の高谷さんによるベートーヴェンとストラヴィンスキーですか、若さいっぱいの演奏でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/25:宇治シティフィルハーモニー 第48回定期演奏会

日時:2006年6月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:パルク城陽プラムホール

曲目:シベリウス/交響詩「フィンランディア」
   モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番
   メンデルスゾーン/交響曲第3番「スコットランド」

指揮:脇坂英夫、阪部慎太郎

入場料:700円

ホームページ:http://www.aaa-www.net/~ucpnow2/

<補足>

いつもの宇治市文化センターから城陽市のパルク城陽に会場を変えての演奏会とのこと。ところでサイトの情報でもピアニストが判りませんでした。 ご両名とも指揮活動をされているので弾き振りかな???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/28,30:京都大学交響楽団 第179回定期演奏会

日時:2006年6月28日(水) 19:00開演(18:00開場)
場所:京都コンサートホール・大ホール

日時:2006年6月30日(金) 19:00開演(18:00開場)
場所:尼崎アルカイックホール

曲目:シベリウス/交響詩「フィンランディア」
   シベリウス/交響曲第7番
   チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」

指揮:藤岡幸夫

入場料:S席 1,500円、A席 1,000円 (当日座席指定)

ホームページ:http://www.geocities.jp/kyodaioke/

<補足>

昨年1月に伺っていない京大オケ。 藤岡幸夫さんの指揮のもと、交響曲を2曲、しかもシベリウスの7番とチャイコフキーの悲愴というプログラム。 そそられますが、平日の夜というのが思案のしどころ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

【感想】ハーモニック・ソアラ 第1回定期演奏会

2006年5月14日(日) 14:00  やまと郡山城ホール

ベートーヴェン: 交響曲第5番ハ短調op.67「運命」
ベートーヴェン: 交響曲第7番イ長調op.92

指揮: 関谷弘志

<感想>

第1回目の定期演奏会、いきなりベートーヴェンの交響曲第5番「運命」に挑みましたが、しっかりとした造形観を持ち、落ちついた音楽に聞き惚れました。
指揮者の関谷弘志さんが振られた「運命」を聴くのはこれが2回目。
前回と同じく、解釈としてはとりたてて変わったことはしていないようなのですが、推進力があって聴き手をぐいぐいと音楽の中に惹き込んでゆく演奏もそのままでした(ちなみに前回はプロオケで聞きました)。
弦楽器は通常配置ながら、左右に振り分けられたホルン(左)とトランペットとトロンボーン(右)との対比、またアグレッシヴに弾くコントラバス(右)と常に冷静で的確なティムパニ(左)の対照も印象に残りました。 またどの楽器も同じ音色に統一されていたことも特筆しておきたいところです。 落ち着いて、しっかりとした「運命」、気持ちもよくのった素晴らしい演奏で、演奏終了後のブラボーも掛け値なし。 魅了されました。
続く交響曲第7番、こちらの演奏もまた同傾向だったのですが、さすがに交響曲が2曲続いて僕にも疲れも出てきたのかもしれません。 また響きに耳が馴染んでしまったのかもしれませんが、何故かいまいちのめり込むほどには至らず(ごめんなさい)。 もちろん演奏者の方にも疲れがあるのでしょうね、第4楽章にはアタッカで入って欲しかったのですけどインターヴァルがありました。 それならばとフィナーレでのアマオケ特有の我を忘れるほどの燃え上がりを期待したのですが、端正というか関谷さんについてゆくのがやっとといった感じも受けました。 でもオケのポテンシャルが高いからこそ、このようなことも言いたくなる、そんなしっかりとした演奏でした(生意気ですみません)。
なおアンコールはなく、この2曲に賭けた演奏会。 この潔さもまたいいもんですね。 ということで早くも次回を期待したいと思っています。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20060514.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2006

【LP】ジャン=マリー・オーベルソンによるモーツァルト/グレート・ミサ

Sms2376

じつに感動的な演奏です。 ソリストもとてもしっかりしていますし、合唱団も気合入っていて、まさしく「グレート」の名に恥じません。 このような素晴らしい演奏があったなんて、とコンサートホール・ソサエティの奥深さを垣間見せてくれる素晴らしいレコードです。
なお録音もコンサートホール盤にありがちな霞がかかったようなことはなく、けっこう鮮明な録音です。 2枚組みなので4面に渡って収録されている余裕もあるのでしょうけど、各ソロ楽器などにもスポットライトが当たっていて、分離もよく、ダイナミックレンジも割りと広めに取られているのが感動をより大きくしてくれているようにも思います。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/sms2376.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

【Concerthall Society】「その20」に1点追加

BQクラシックスの「コンサートホールLP・アルバム(20)」にジャケット写真を1点追加しました

Sms2633

モレイラ・リマ=ショパン・リサイタル

ピアノソナタ第2番 変ロ短調作品35 「葬送行進曲」
ワルツ 変イ長調作品42
舟歌 嬰ヘ長調作品60
スケルツォ 第2番変ロ短調作品31
夜想曲第8番 変ニ長調作品27-2

アルトゥーロ・モレイラ=リマ(p)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

【LP】カラヤンによるマーラー/交響曲第4番

Mg1222

カラヤンによる美しいマーラーの世界がこのレコードにあります。
以前は、カラヤンのマーラーなんて、とロクに聴きもせずに忌み嫌っていたのですけれど、このところ第4番の演奏を選ぶと真っ先に出てくるのがこのカラヤン盤です。
しなやかで肌触りのよい響きを聴かせるベルリンフィルの巧さもさることながら、シュバルベさんの独奏、エディット・マティスの歌唱にいたるまで徹底されています。 カラヤンの美学でしょうか。 美しい音楽に心地よくなります。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/mg1222.htm

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2006

5月のアマオケコンサート情報

5月に、京阪神奈などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

★5/3 追加しました  ⇒ 5/28:アンサンブル コスモリバティ 第16回定期演奏会
☆4/25 追加しました ⇒ 5/20:京都三大学交響楽団 第8回定期演奏会
☆4/25 追加しました ⇒ 5/27:沼津交響楽団 第22回定期演奏会

いざ、出発!!

5/13:箕面市民オーケストラ 第23回定期演奏会
5/14:ハーモニックソアラ 第1回定期演奏会
5/20:京都三大学交響楽団 第8回定期演奏会
5/21:枚方フィルハーモニー管弦楽団 第63回定期演奏会
5/21:オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ 第10回定期演奏会
5/27:立命館大学交響楽団 第95回定期演奏会
5/27:沼津交響楽団 第22回定期演奏会
5/28:八幡市民オーケストラ 第27回定期演奏会
5/28:西宮交響楽団 第89回定期演奏会
5/28:アンサンブル コスモリバティ 第16回定期演奏会

| | Comments (0) | TrackBack (1)

5/28:アンサンブル コスモリバティ 第16回定期演奏会

日時:2006年5月28日(日) 14:00開演
場所: メイシアター中ホール

曲目:ブリテン/シンプル・シンフォニー Op.4
   ヘンデル/合奏協奏曲 Op.6-6
   早川正昭/バロック風日本の四季より「春」
   モーツァルト/交響曲第40番ト短調 K.550

指揮:木村俊明

入場料:無料

ホームページ:http://www.tcn.zaq.ne.jp/ecl/

<補足>

バロックから現代まで意欲的なプログラミングですね。
ホームページによると、1990年6月に結成された室内オーケストラで、取り上げる曲は弦楽合奏曲および弦楽器を主とした管弦楽曲や協奏曲。 アマオケが大編成の曲を取り上げる傾向に対してユニークな存在・・・と書かれていました。
確かにそうですね。 関西ではアマチュアの室内オケって少ないので貴重な存在だと思います。
今回、広報担当の方よりメールを頂きましたので遅ればせながらご紹介いたします。
無料公演ですし、お近くの方は是非いらしてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

【LP】ロストロ&ブリテンによるシューベルトのアルペジョーネ・ソナタ

Sla1015

「室内楽は老後の楽しみ」などと嘯いて、マーラーの交響曲など大規模な管弦楽曲ばかり聴いていたけれど、このところ室内楽の比重が大きくなってきたように思います。 このロストロポーヴィッチとブリテンによるシューベルトのアルペジョーネ・ソナタのレコードも、手にして10年近くが経つと思うけれど、ようやく心にすぅ~と沁みてくるようになった・・・なんてやっぱり歳とったってことかしらね。 でも、こんなに素晴らしい歌に溢れた演奏を、もっと早く自分の肥しにしておくべきだったこと、ちょっと残念です。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/sla1015.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »