« December 2005 | Main | February 2006 »

January 29, 2006

【LP】内田光子のモーツァルト/ピアノ協奏曲第22・23番

20pc3001

1月27日はモーツァルト生誕250年の誕生日でしたね。 
このところ個人的には内田光子(p)、ジェフー・テイト指揮イギリス室内管弦楽団によるピアノ協奏曲を楽しんでいます。
演奏はいわずもがなのしっかりしたものですけれど、内田さんのピアノ、悦楽に富んでキラキラ輝くというのではなく、しっとりとモーツァルトを演奏していますね。 どちらかというと暗い感じにも思えます。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/20pc3001.htm


| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 25, 2006

【感想】大阪市音楽団 みやこじま新春コンサート

2006年1月22日(日) 14:30  都島区民ホール

フュチーク: 剣士の入場(雷鳴と稲妻)
カーター: 交響的序曲
北原白秋/作詞、山田耕筰/作曲、長瀬敏和/編曲: かやの木山(*)
文部省唱歌、中村啓二郎/編曲: 冬景色(*)
服部良一ヒット曲メドレー(服部良一/作曲、小島里美/編曲):
 湖畔の宿 〜 銀座カンカン娘 〜 山寺の和尚さん 〜 蘇州夜曲 〜 懐かしのボレロ 〜 一杯のコーヒーから 〜 青い山脈
松田聖子ラブリーコレクション(山下国俊 編曲):
 赤いスイートピー 〜 夏の扉 〜 SWEET MEMORIES 〜 風立ちぬ 〜 青い珊瑚礁 〜 あなたに逢いたくて- Missing You -
映画「ハウルの動く城」から(谷川俊太郎/作詞、木村 弓/作曲、中村 啓二郎/編曲): 世界の約束(*)
映画「ハウルの動く城」から(久石 譲/作曲、小島里美/編曲): 人生のメリーゴーランド
Dan Balan/作曲、山里佐和子/編曲: 恋のマイアヒ
宮川彬良/作曲、山里佐和子/編曲: マツケンサンバIII
やなせたかし/作詞、いずみたく/作曲、永野慶作/編曲: 手のひらを太陽に

アンコール: マツケンサンバII

独唱/司会: 大槻温子

指揮:井村誠貴

<感想>

ふっと思い立って、都島区民センターの新春コンサートに行ってきました。 
お目当ては、井村誠貴さんが指揮される大阪市音楽団の演奏会ですが、期待どおりの楽しい演奏会でした。

個人的には、服部良一ヒット曲メドレーがよかったですね(湖畔の宿 〜 銀座カンカン娘 〜 山寺の和尚さん 〜 蘇州夜曲 〜 懐かしのボレロ 〜 一杯のコーヒーから 〜 青い山脈)。 懐メロ好きですもん。
小さい頃、親といっしょにコタツでゴロゴロしながらTV(昭和30年代の後半ですから、もちろん真空管式のモノクロTVですね)で耳にしたんだよな〜 なんて思いながら聴いてました。
会場に多くいらしたおじぃちゃん・おばぁちゃんたちも喜んでらしたのではないかな。

そしてアンコールの「マツケンサンバ2」で最高に盛り上がりましたね。
これが今年最初の演奏会となりましたけど、とてもしっかりした演奏、しかも楽しい雰囲気で、大いに楽しませていただき、幸先の良いスタートを切らせてもらいました。
今年も楽しい演奏、いっぱい聴こうって決意を固めて会場を後にしました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20060122.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

2/5:オーケストラ・アンサンブル京都 第5回定期演奏会

日時:2006年2月5日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:長岡京記念文化会館

曲目:J.シュトラウス/美しく青きドナウ
   ビゼー/「カルメン」第一組曲
   J.シュトラウス/喜歌劇「こうもり」序曲
   ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」

指揮:湯浅篤史

入場料:無料

ホームページ:http://www.geocities.jp/okeankyoto2001/

<補足>

熱血コンマスと美しいコンミスの下、「音楽を楽しむ」「美しい音楽を」という基本モットーを掲げて活動されているそうです。
今回は、第5回という一つの節目、2月の開催ですが、ちょっと遅めの「ニューイヤーコンサート」形式での演奏会だそうです。
入場無料というのも有り難いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/5:宇治シティフィルハーモニー 第47回定期演奏会

日時:2006年2月5日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:宇治市文化センター

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
   ベートーヴェン/交響曲第1番
   ブラームス/交響曲第1番

指揮:脇坂英夫

入場料:700円

ホームページ:http://www.aaa-www.net/~ucpnow2/

<補足>

1982年4月に発足したアマオケだそうです。 第47回という演奏会の回数が活動の息の長さを感じさせますね。 
て今回、ドイツ音楽の本流、しかも交響曲はどちらも1番という演奏会。 どんな演奏を聴かせてくれるのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/5:宝塚市交響楽団 ベガ・バレンタインファミリーコンサート

日時:2006年2月5日(日) 14:00開演(13:30開場)
            17:00開演(16:30開場)
場所:宝塚ベガ・ホール

曲目:モーツァルト/フィガロの結婚 序曲
   アンダーソン/タイプライター
   ロッシーニ/セビリアの理髪師 序曲
   ビゼー/ファランドール
   シベリウス/フィンランディア

指揮:高谷光信

入場料:1,000円(前売 800円)、中学生以下 500円(前売 400円)

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~zukakyo/
<補足>

塚響のファミリーコンサートは、2回公演ですね。 第1回目のコンサートは、未就学児の方も入場できるそうです。
なお次回の定期演奏会は、6/18(日)にマーラーの交響曲第9番を演奏されるそうですね。 楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2/12:オーケストラ・ソノリテ 第10回記念定期演奏会

日時:2006年2月12日(日) 14:00開演 (13:30開場)
場所:尼崎アルカイックホール

曲目:ワーグナー/歌劇「リエンツィ」序曲
   ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調 作品125

指揮:井村誠貴

入場料:1,000円

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~sonorite/

<補足>

「阪神・淡路大震災10周年記念事業」として予算補助を受けているそうです。
指揮者は、個人的に応援している井村さん。 熱くドラマティックな第九となるのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/12:かぶとやま交響楽団 第33回定期演奏会

日時:2006年2月12日(日) 14:00開演 (13:30開場)
場所:伊丹アイフォニックホール

曲目:シューマン/序曲、スケルツォとフィナーレ
   ベルワルド/交響曲第3番「サンギュリエール」
   シベリウス/交響曲第2番

指揮:中村晃之

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.jttk.zaq.ne.jp/kabutoyama/

<補足>

冒頭に昨年末に奈良響でも演奏されたシューマンの隠れた名曲を配しています。 ベルワルトの交響曲は聴いたことありませんが、さすがこだわりの「かぶ響」の演奏会らしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/12:The St.Martin Orshestra 第2回定期演奏会

日時:2006年2月12日(日) 14:00開演 (13:00開場)
場所:東灘区民センター うはらホール(大ホール)

曲目:モーツァルト/セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
   ハイドン/交響曲第104番ニ長調「ロンドン」
   ベートーベン/交響曲第7番イ長調op.92

指揮:河崎 聡(音楽監督兼常任指揮者)

入場料:1,500円 (前売:1,000円)

ホームページ:http://www.geocities.jp/kcokejp/

<補足>

セント・マーティン・オーケストラ、ベートーベン・ハイドン・モーツァルト等の古典音楽を小編成で思う存分楽しみたいという願いから生まれたアマオケです。
第1回の定期演奏会にご招待いただきましたが、あいにく行くことができませんでした。
今回こそはと思っていたのですが、同日同時刻に井村さんの演奏会もあり、悩んでいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/18:神戸女子大学管弦楽団 第3回定期演奏会

日時:2006年2月18日(土) 18:00開演 (17:30開場)
場所:灘区民ホール マリーホール

曲目:ドヴォルジャーク/交響曲第8番ト長調作品88
   シベリウス/フィンランディア 
   映画「ウエスト サイド ストーリー」より
     WEST SIDE STORY selection  その他

指揮:川嶋雄介

入場料:無料

ホームページ:http://www.geocities.jp/shinjyooke/

<補足>

2000年4月に同好会として創部された学生オケだそうです。
2003年に阪神オーケストラ連盟に加入、神戸女子大学管弦楽団と改称されたとのこと、これからの活躍を期待、ってところでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/26:六甲フィルハーモニー管弦楽団 第21回定期演奏会

日時:2006年2月26日(日) 14:00開演 (13:00開場)
場所:神戸文化ホール 大ホール

曲目:メンデルスゾーン/序曲 「フィンガルの洞窟」*
   ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調
   チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調 「悲愴」

独奏:松井淑恵(p)

指揮:松井真之介、森康一*

入場料:無料

ホームページ:http://rokkophil.gooside.com/

<補足>

いつも無料でありながら、非常に質の高い演奏を聴かせてくださる六甲フィル。
今回は、いつもの指揮者陣でオーソドックスなプログラミングですが、松井さんによる悲愴交響曲、何が出てくるかちょっと楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/26:待兼交響楽団 第13回『コープこうべ第九コンサート』

日時:2006年2月26日(日) 15:00開演 (14:15開場)
会場:兵庫県立芸術文化センター

曲目:ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
   ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調「合唱」

独唱:井岡潤子(S)、片桐仁美(A)、田原祥一郎(T)、三原 剛(Br)
合唱:コープこうべ第九合唱団

指揮:守山俊吾

入場料:自由席 2,000円
    指定席 2,500円(限定96枚:完売したもよう)

ホームページ:http://www.geocities.jp/machikane_orc/

<補足>

さすがコープの力、強力なソリストを擁しての第九演奏会ですね。
なお指定席は兵庫県立芸術文化センターのチケットセンターのみの取り扱いですが、完売したもようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/26:紫苑交響楽団 第8回定期演奏会

日時:2006年2月26日(日) 13:30開演 (14:30開場)
会場:京都府長岡京記念文化会館

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
   ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
   シューマン/交響曲第4番

独奏:加藤文枝(vc)

指揮:川嶋雄介

入場料: 500円

ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/~shion_symphony_orchestra/

<補足>

シューマン没後150年にひっかけたのでしょうか? 実演ではなかなか演奏されませんけど、大好きなシューマンの交響曲第4番が演奏されるのが嬉しいですね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

【CD】ラン・ラオのクララ・シューマン/歌曲集(全集)

bvcc6046

クララ・シューマンの歌曲集。 透明感があり溌剌としたラン・ラオの歌、活き活きとしていて、素晴らしい、の一言。 また伴奏のミカエラ・ゲリウスのピアノも生気があります。 
クララ・シューマンのリリックな音楽をあますところ無く伝えてくれているようです。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/fg5043.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年1月のアマオケコンサート情報

1月に、京阪神奈などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

1/3 追加しました 
⇒ 1/28:音楽工房MOGURA モーツァルト生誕250年記念&A Happy New Year
⇒ 1/29:摩耶交響楽団 第2回ファミリーコンサート

1/15 追加しました
⇒ 1/29:神戸市民交響楽団 第57回定期演奏会

いざ、出発!!

1/19,21:京都大学交響楽団 第178回定期演奏会
1/21:大阪大学交響楽団 第86回定期演奏会
1/21:アンサンブル・ギリビッツォ 第10回記念演奏会
1/28:音楽工房MOGURA モーツァルト生誕250年記念&A Happy New Year
1/29:摩耶交響楽団 第2回ファミリーコンサート
1/29:神戸市民交響楽団 第57回定期演奏会

| | Comments (3) | TrackBack (1)

1/29:神戸市民交響楽団 第57回定期演奏会

日時:2006年1月29日(日) 14:00開演(15:00開場)
会場:神戸文化ホール 大ホール

曲目:ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
   ドビュッシー/小組曲
   ファリャ/バレエ「三角帽子」

独奏:河野文昭(vc)

指揮:大河内雅彦

入場料:1,000円、(小学生:500円)

ホームページ:http://www2s.biglobe.ne.jp/~kco/

<補足>

招待状が届いたので気付きました(申し訳ありません)。
義理と人情のオーケストラKCOの定期演奏会は、いつも神戸文化を満員御礼としてしまうので、早めにチケットの確保とホールへの到着を心がけましょう。
なお4歳以下の小さなお子さんは入場を遠慮してください、とのことですが、2週間前なら託児の受け付けもしてくださっているそうです。
詳細はホームページを参照してください。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 09, 2006

【LP】ブレンデルのモーツァルト/ピアノ協奏曲第25番

fg5043

休日の開放感を味わうにはこのレコード。 結婚前、日曜の朝ともなるとベランダの窓を開け放ち、このレコードをかけて部屋の掃除に精を出したものです。 確かに部屋の掃除が捗りそうな曲でしょう。 もちろんブレンデルとマリナー指揮アカデミーによるこの演奏もフレッシュで流麗、知的な輝きが散りばめられていて、気持ちも明るくなりますよね。 今ではこのレコードを聴きながらの部屋掃除はしなくなりましたけど、このところ出してきて、お仕事で疲れた心のお掃除をやっています。 気持ち良くなりますよ。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/fg5043.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

1/28:音楽工房MOGURA モーツァルト生誕250年記念&A Happy New Year

日時:2006年1月28日(土) 13:30開演(13:00開場)
場所:奈良市西部会館市民ホール(愛称:学園前ホール)

曲目:<第1部> モーツァルト劇場
   <第2部> メノッティ/歌劇「アマールと三人の王様」

入場料:500円

ホームページ:http://mifara.net/mogura/

<補足>

若手の声楽家の集団・音楽工房MOGURAによる新春コンサートです。
MOGURA(モグラ)とは、地上をめざし必死に地中を掘り進むモグラのような、そんな音楽家という意味がこめられ、昨年結成されたようですね。
お世話になった方が出演されていますので、アマオケではありませんけど、紹介します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/29:摩耶交響楽団 第2回ファミリーコンサート

2006年1月29日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:舞子ビラ あじさいホール

曲目:詳細不明
  (メジャーなクラシック曲の他、映画音楽などの楽しい曲など)

入場料:無料(要整理券)

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/8526/

<補足>

楽しいイベントも盛りだくさん親子で楽しむコンサートです。 お子さんの入場制限ありません。
またこの交響楽団、2003年9月21日神戸で発足したそうですが、小さなお子さんがいるためにオケに入るのをためらっている方も参加しやすいよう、託児も行って練習されているそうです。 素敵ですね。
お世話になった方がヴァイオリンで参加されているのを発見しました。

※会場が狭く(300席)立ち見が出てしまい、今回、整理券を配しているそうです。
 詳細はオケのホームページよりお問い合わせください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

【LP】ドラティのシベリウス/交響曲第2番

rgc1046

年始、いつもはバロック音楽なのですが、ちょっと趣向を変えてすっきりとした曲・・・としてチョイスしたのがアンタル・ドラティ指揮ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団によるシベリウスの交響曲第2番。 透明感の高い演奏ですが、ドラティらしい強靭さでもって、ぐいぐいと引っ張っていくのが実にカッコ良い演奏です。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/rgc1046.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »