« November 2005 | Main | January 2006 »

December 28, 2005

【感想】オーケストラ千里山 第10回定期演奏会

2005年12月25日(日) 14:00  伊丹市立文化会館・いたみホール

チャイコフスキー: バレエ音楽「くるみ割り人形より」(*)
  小序曲、行進曲、パ・ド・ドゥーこんぺい糖の精の踊り、
  トレパーク(ロシアの踊り)、チョコレート(スペインの踊り)、
  パ・ド・ドゥー序奏、お茶(中国の踊り)、あし笛の踊り、花のワルツ
マーラー: 交響曲第1番ニ長調

アンコール: L.アンダーソン: クリスマス・フェスティヴァル

指揮:船曳圭一郎、北野洋平(*)

<感想>

溌剌とした「くるみ割り人形」、タイトによく締まった「巨人」、このオケを始めて聴かせていただいたときには、ここまで成長するとは正直思いませんでした。 しかも、このオケの特長である誠実な演奏がそのまま残っていることも感動を大きくする要因でした。
「くるみ割り人形」は、団内指揮者として今回始めて指揮台に立った北野さんの指揮でしたが、とても始めてとは思えない、堂に入った指揮ぶり。 しかもとても気持ちの良い演奏だったのは、仲間との一体感があったからでしょうね。 締めるべきところはしっかりと締め、歌うべきところは歌い、演奏している皆さんも実に楽しそうでした。 これがオケ千らしい演奏といっていいでしょう。 しかも後半、オケもノッてきて、タイトに締まった演奏となって聴き応えも充分。 クリスマスには「くるみ割り人形」、そんな暖かな感じのする演奏を満喫しました。
マーラーの「巨人」、こちらはオケ千として始めて招聘されたプロ指揮者である船曳さんの指揮。 かっちりと纏まった「巨人」でした。 船曳さん、もっと感興に任せた指揮かと思ったのですが、ちょっと遅めのテンポ設定とし、基本的にインテンポでぐぃぐぃと曲を進めてゆきました。 オケもそれによく応えて見事。 抑制がよく効いて締まった演奏なのですが、クライマックスではオケの底から湧き出るような響きを出して聴き応え充分です。 オケの一体感から醸成されてくる響きですね。 そしてまたその演奏から、朴訥さや誠実さが滲み出てくるような感じもします。 数多くこの曲の演奏を聴いてきましたが、オケとしての一体感と、朴訥さや誠実さが両立している演奏って、そんなにあるように思えません。 オケ千ならではの演奏だったのではないでしょうか。 今後の活躍を期待させた素晴らしい演奏でした。
素晴らしい演奏で今年を締めくくることができました。 皆さんお疲れさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20051225.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

1/19,21:京都大学交響楽団 第178回定期演奏会

日時:2006年1月19日(木) 19:00開演(18:00開場)
会場:ザ・シンフォニーホール

日時:2006年1月21日(土) 19:00開演(18:00開場)
会場:京都コンサートホール 大ホール

曲目:フンパーディンク/歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
   メンデルスゾーン/交響曲第4番 イ長調「イタリア」
   ショスタコーヴィチ/交響曲第5番 ニ短調 op.47

指揮:北原幸男

入場料:S席¥1,500 A席¥1,000 当日17:30より座席券交換

ホームページ:http://www.geocities.jp/kyodaioke/

<補足>

このところちょっとご無沙汰気味の京大オケの演奏会。 
久しぶりに北原さんの指揮、興味湧きますね。 問題は大阪が平日の夜ってことかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/21:大阪大学交響楽団 第86回定期演奏会

日時:2006年1月21日(土) 14:00開演(13:00開場)
会場:ザ・シンフォニーホール

曲目:モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
   チャイコフスキー/バレエ組曲「眠りの森の美女」
   チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」

指揮:橘 直貴

入場料:1,000円

ホームページ:http://park10.wakwak.com/~handai-phil/

<補足>

毎年年初に素晴らしい演奏を聴かせてくださる阪大オケの定期演奏会。
今回のシンフォニーホールの演奏会も魅力的ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/21:アンサンブル・ギリビッツォ 第10回記念演奏会

日時:2006年1月21日(土) 15:00開演(14:30開場)
会場:京都コンサートホール・小ホール“ムラタ”

曲目:荒子夕香/第10回演奏会記念ファンファーレ(委嘱新作)
   ベートーヴェン/序曲『エグモント』
   R.シュトラウス/ホルン協奏曲第1番 作品11
   ブラームス/交響曲第1番

独奏:深谷武生(hr)
コンサートミストレス:宮川みまり

指揮:竹本泰蔵

入場料: 500円

ホームページ:http://www.geocities.jp/e_ghiribizzo/

<補足>

本家掲示板に紹介いただきました。
1998年結成の団体で、交響曲であっても小編成オケの特徴を生かして演奏してしまう団体だそうです。 この演奏会のあと、京大オケというハシゴも考えられますね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 23, 2005

【感想】奈良交響楽団 第48回定期演奏会

2005年12月18日(日) 14:00  大和郡山城ホール・大ホール

ヴェルディ: 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》序曲
シューマン: 序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52
ブラームス: 交響曲第2番ニ長調 作品73

アンコール: ブラームス: ハンガリー舞曲第6番

指揮:小崎雅弘

<感想>

新鋭の小崎さんの指揮のもと、いずれの曲も集中力の高い演奏でした。
小崎さん、始めて聴かせてもらう指揮者ですが、その指揮は縦振りが基本、ぐいぐいとオケを進めてゆく感じですね。 振りは藏野さんと似ているかもしれません。 ただし音楽の解釈はよりストレートといった感じだったでしょうか。 若々しくてシャープでタイトな音楽造りだったと思います。 オケも集中力を高めて、小崎さんの指揮に合わせて演奏しきった、そんな感じを受けました。
最初の「シチリア島の夕べの祈り」、とてもよく締まった演奏でした。 スペクタクルといっても良いような感じで盛り上げていたのが印象的でした。 余計な贅肉はなく、カチッと纏まった演奏は、聴き応えがありました。 演奏後にブラボーの声がかかったのも頷けました。
シューマンの「序曲、スケルツォとフィナーレ」も、シャープでタイト、こちらもしっかりとして、見通しの良い演奏でした。 弦の分奏もバシッと決まっているし、管楽器もよく統制されているといった感じ。 ただしフィナーレなど、フーガのように旋律を楽器間で回していったり、ユニゾンで演奏するときなど、かえってよく揃っているのはシューマンらしくないんじゃないか、とか、もっと思索的な感じじゃないのかなぁ、なんて思ってしまいました。 よく曲も知らないのに、印象だけですけど、間違っていたらごめんなさい。
メインのブラームスの交響曲第2番、こちらもシューマンと同傾向。 スマートでシャープで纏まりの良い演奏でした。 ただし、こちらは各パートの響きを重ね、組み合わせた音楽はまさしくブラームス。 しかも聴いていると、「あっ、こんな楽器にこんな音形があったんや」という発見もあったりして、日頃よく耳にする音楽なのですけど、興味深く聴くことができました。 こんな書き方をすると、解剖学的な冷たい演奏のように思われるかもしれませんが、弦楽器では中低弦がしっかりと曲を支え、がっしりとした構成感のある素晴らしい演奏です。 響きは若々しいのですが、安心して聴き進んでゆける演奏に満足しました。
じつは風邪をひいてしまい、演奏会に行くまえには、コタツで横になって、何度も寝ては起きてを繰り返してました。 聴き手としてこちらの集中力がガクンと落ちている状態だったのですけど、まったく飽きることなく演奏を楽しませていただきました。 若々しくも誠実な音楽造りが気持ちよかったです。 皆さんお疲れさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20051218.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2005

【感想】関西大学交響楽団 第57回定期演奏会

2005年12月14日(水) 19:00  吹田市文化会館メイシアター・大ホール

シベリウス: フィンランディア Op.26 -*
ブラームス: 悲劇的序曲 Op.81    -**
リムスキー=コルサコフ: 交響組曲「シェヘラザード」Op.35

指揮:竹本泰蔵(客演)、織田映子(学生)-*、大塚佑馬(学生)-**

<感想>

「シェヘラザード」の演奏、いずれの場面も素晴らしかったのですが、特にフィナーレに感動しました。 コンミスの独奏(3回生宇田さん)も、ここが何より素晴らしかったですね。 伸びやかさが増し、魅惑的な響きにも磨きがかかって魅了されました。 そして、オケ全体の響きがしっとりとして独奏と絡んで全曲を締めたときには言葉を無くしました。 もう、素晴らしいの一言。 会場内も同様だったのでしょうね。 演奏終了後、ホール内にしばし沈黙が流れてから、しだいに盛大な拍手になる感動的なシーンでした。
指揮者の竹本さん、いつもながら大きな身振りでオケをドライブしましたが、耳当たりの良い柔らかな響きが常に曲を支配しています。 大音量になっても、まったく騒々しく感じませんし、しっとりとさせる演奏であっても華やぎを感じさせて、この曲の魅力を存分に伝えてくれたのではないでしょうか。 もちろんオケも竹本さんの指揮に見事に応えていたことを特筆大書しておきたいと思います。
またこれに先立って演奏された、学生指揮者の織田映子さんによる「フィンランディア」。 この演奏もまた響きがよくブレンドされ、自信に満ちた素晴らしい演奏でした。 織田さんの指揮、ゆったりとしたテンポ設定で、しっかりと拍子をとるオーソドックスな振り。 下手すると、単調に陥るところなんでしょうが、オケから自然と湧き上がるような響きを導き出し、それをコントロールしてブレンドさせる手腕は、本当に素晴らしいものがありますね。 フィナーレでも勢い込むことなく落ち着いて進め、最後は柔らかな響きで纏めたのを、すぱっと切り落とす潔さもまた気持ちの良いものでした。
大塚さんによるブラームスの悲劇的序曲。 タイトな響きで切れ味よく開始したのですが、このあと逆の意味で若さが邪魔をしたのかもしれませんね。 落ち着いて振って、曲を進めているものの、慎重になっていただろうし、堅くなっていたのかもしれません。 淡々と進めてゆき、オケのメンバーも変わらず懸命に演奏しているのですが、なんとなくバランスが悪い。 管と弦の間にも隙間を感じました。 大塚さんが指揮されると、少々事故が多いのも可哀相なんですけどね。 それでもフィナーレは響きに潤いが増し、リズム感も感じられ、充実させてタイトに締めました。 かえって若さの特権でガンガンやったほうが面白かったかもしれませんね。 無責任モードですけど。
とにかく、いつも色々な発見のある関大オケの演奏会、今回も大いに楽しませていただきました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20051214.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

【Teichiku 1000】ジャケット写真を1点追加

BQクラシックスの「テイチク(Classic Best Collection Series)・アルバム」にジャケット写真を1点追加しました

udl-3069

UDL−3069−Y

 シベリウス:交響曲第1番

 ジョン・バルビローリ指揮ハルレ管弦楽団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【感想】ならチェンバーオーケストラ 第70回定期演奏会

2005年12月4日(日) 14:30  なら100年会館・大ホール

D.ハウエル編曲: クリスマス・ファンタジー
プロコフィエフ: こどものための音楽物語「ピーターと狼」op.67
ベートーヴェン: 交響曲第3番「英雄」op.55

(アンコール)ベートーヴェン: トルコ行進曲
(アンコール)L.モーツァルト: おもちゃの交響曲

指揮: 今村 能

<感想>

創立18年、第70回定期演奏会。 100年会館中ホールから大ホールに場所を移し、いつも以上に充実した演奏を聴かせてくれました。
特にプロコフィエフの「ピーターと狼」、小学3年生〜高校1年生のキッズメンバーを加えての演奏でしたが、そんなことは全く関係なし。 今回演奏に参加された子供達に合わせることなどまるでなく、実に素晴らしい演奏に惹き込まれっぱなしでした。 
とにかくソリストの方々の表現力が実に豊かで巧いのです。 また3人の女性ホルン奏者も息がビタっと合ったタイトな吹奏、打楽器も迫力ある響きで存在感を示していました。 もちろん弦楽アンサンブルはいつものとおり、いやそれ以上にキッズメンバーが加わって層が厚くなし、各パートも有機的に絡んだ素晴らしいアンサンブル。 そしてまたナレーションの方も巧かった。 終始わくわくしどおしで聴いていました。
実は、この曲を生演奏で聴くのはこれが初めて。 ホルンこそ3本使っていますが、その他の管楽器は1本のみ(1管編成)なんですね。 にもかかわらず、実に表現豊かな作品。 もっと大編成の曲かと思い込んでいたことを白状します。 それを素晴らしい生演奏で聴けたことは、本当にいい経験になりました。 今年もあと少しで終わりそうですけれど、この「ピーターと狼」、今年の「勝手に」アカデミー賞ものの演奏となりました。
またこれに先立って演奏された、D.ハウエル編曲のクリスマス・ファンタジー。 こちらもならチェンバーらしい上質な弦楽アンサンブルに魅了されたました。
D.ハウエルさんは、ならチェンバーの常任指揮者をされていたそうで、第60回定期演奏会(2001.12.24)でも今村さんの指揮で演奏されていますね。 今回は大ホールですが 6-5-4-4-3 の編成+チェンバロの構成、1階席でしたので直接音が多かったものの腕の確かな人達ばかりですからね、柔らかくて綺麗なストリングスを堪能しました。 コントラバス・トップの女性、とても表情豊かに弾いていらしたのも印象に残りました。
メインのベートーヴェンの英雄交響曲。 こちらは今村能さんらしく理知的で緻密に構成された演奏でした。 
後半楽章、熱っぽくてメリハリのある演奏となり、壮麗なホルンの斉奏も決まって聴き応えありました。 しかし前半はやや硬直気味だったかもしれません。 ホールの響きが少ないせいもありますけれど、弦楽メンバーの数(6-5-4-4-3の編成)から、やや性急に感じた第1楽章、ちょっと単調な傾向に陥った感のあった第2楽章など、ちょっと落ちこぼれそうになって聴いてしまいました。 しかし後半、本当によく考えれらた指揮にオケも奮闘。 キャパが大きく響きの薄いホールでの懸命な演奏を楽しみました。 
とにかく今年も素晴らしい演奏を聴かせてくれた、ならチェンバー。 これからも変わらず応援してゆきたいと強く思った演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20051204.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2005

【CD】クロード・ボーリング/フルートとジャズトリオのための組曲

30367_00962

暖かな休日の午前、窓を開け放ち、爽やかな空気を部屋に入れてこのCDをかけるのが好きです。 軽やかなフルート、それを追いかけるジャズ・トリオのリズムが心地よく、休日の開放感を味わうにはもってこいです。 ジャズというと夜のイメージがあるのですけれど、フルートの音色とジャズ・トリオの軽やかなリズムがマッチして、現代のバロック音楽といった趣きがします。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/cd/30367_00962.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

【感想】奈良女子大学管弦楽団 第36回定期演奏会

2005年11月27日(日) 13:30  奈良県文化会館・国際ホール

ドヴォルザーク: スラブ舞曲から
         第1集第1番、第1集第2番、第2集第3番、第1集第8番
チャイコフスキー: 交響曲第6番『悲愴』ロ単調op.74

(アンコール)チャイコフスキー: 「眠りの森の美女」よりワルツ

指揮: 牧村邦彦

<感想>

いつもながら、このオケの飛躍振りには目を見張るものがあります。 今回もいい演奏会でした。
会場は奈良県文化会館国際ホール、このところ2階席への立ち入りが禁止されていましたけど、今回は開放。 それだけお客さんが入っているということで、関係者ではありませんが、嬉しい限りです。 
そして開演前から、オケメンバーの方が自由入場。 各自演奏開始前に練習してやる気満々・・・ってな感じ。 確かにその気合は、ドヴォルザークのスラヴ舞曲集に篭ってました。 
この舞曲集より4曲が演奏されましたが、いずれも遅いテンポながら充実した演奏でした。 言い方は悪いですが、噛んで含めるような感じもするのですけどね、堂々としていて立派。 言うならば、ドイツ風の演奏でした。
よくよく考えれば牧村さん、オトマール・スウィトナーさんに師事されていました。 スィトナーさんの録音でこの曲を聴いたことはありませんが(ドヴォルザークの交響曲全集は持っています)、スィトナーさんが指揮されたらこんな感じになると思えるほど、構成感があり、かつ熱い演奏でした。 とても満足しました。
休憩を挟んでチャイコフスキーの悲愴交響曲。 こちらも構成感のしっかりとした見事な演奏でした。 初めてこのオケを聴いたのは2000年のスプコンだったかしら、このような演奏が聴けるとは夢にも思いませでした(というと失礼かな)。 
だからこそ、あえて言わせてもらうならば、個人的な好みで申し訳ありませんが、第3楽章と終楽章の間の落差がもっと欲しかったなぁと。 第3楽章はパワーを前面に出し、巧く纏めているような感じでしたけど、もっと渦巻くような感じが欲しかったですし、終楽章はもっと陰鬱でうごめくような感じに対比つけて欲しかった。
でもこれはオケよりも牧村さんのせいかもしれませんね。 1〜3楽章まではかなり抑え目の指揮でしたけれど、第4楽章は逆にそれまでと違って大きく振って指揮台の上を動きまわっておられましたものね。 第3楽章の熱気をそのまま終楽章に雪崩れ込ませてしまったからかもしれません。
しかしそんな好みは置いておいても、本当に各パートがよく纏まってました。 それは見事な演奏でした(だからこそ、こんな要求も言えるのだと思います)。 演奏会はとても充実していましたし、好みは好みとして、演奏を楽ませていただき、満足して会場を後にできました。 皆さん、お疲れさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20051127.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2005

12月のアマオケコンサート情報

12月に、京阪神奈などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板に投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

12/1 追加しました ⇒ 12/11:加古川フィルハーモニー 第28回定期演奏会

いざ、出発!!

12/3:大阪府立大学交響楽団 第42回定期演奏会
12/3:大阪外国語大学管弦楽団 第33回定期演奏会
12/4:豊中市民管弦楽団 第33回定期演奏会
12/4:京都市民管弦楽団 第72回定期演奏会
12/4:京都女子大学交響楽団 第15回定期演奏会
12/4:京都教育大学管弦楽団 第36回定期演奏会
12/4:京都産業大学神山交響楽団 第7回定期演奏会
12/10:龍谷大学交響楽団 第12回定期演奏会
12/11:加古川フィルハーモニー 第28回定期演奏会
12/14:関西大学交響楽団 第57回定期演奏会
12/17:大阪市立大学交響楽団 第51回定期演奏会
12/17:甲南大学文化会交響楽団 第45回定期演奏会
12/18:奈良交響楽団 第48回定期演奏会
12/18:京都シティフィルハーモニー交響楽団 第22回〜創団10周年記念演奏会
12/23:天理シティオーケストラ 第12回「天理の第九」演奏会
12/23:関西学院交響楽団 第106回定期演奏会
12/24:同志社交響楽団 第41回全同志社メサイア演奏会
12/25:京都フィロムジカ管弦楽団 第18回定期演奏会
12/25:オーケストラ千里山 第10回演奏会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/11:加古川フィルハーモニー 第28回定期演奏会

日時:2005年12月11日(日)  14:00開演(13:30開場)
場所:加古川市民会館 大ホール

曲目:メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」
   チャイコフスキー/バレエ組曲「眠れる森の美女」
   フランク/交響曲ニ短調
   
指揮:野村秀彦、青山哲也

入場料:一人券  800円 (当日1,000円)
    ペア券 1,200円 (当日1,500円)

ホームページ:http://www.kakophil.com/

<補足>

本家掲示板に投稿していただきましたので、ここにも掲示しますね。
以下、投稿者の方のコメントです。
  ------
今回はメインに、雄大なフランクの交響曲をお届けいたします。
他には、華やかで優雅なチャイコフスキーの有名なバレエ組曲、
ロマンティックなメンデルスゾーンの序曲と、バラエティーに富
んだ魅力的な曲を集めました。
日曜の午後、ゆったりとクラシックの名作を楽しんでいただけれ
ば幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »