« 【感想】尼崎市民交響楽団 第20回記念定期演奏会 | Main | 【感想】芦屋交響楽団 第64回定期演奏会 »

September 25, 2005

【LP】ミルシティンのブラームス&ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲

eac30018

ナタン・ミルシティンの純度の高い演奏が魅力的なレコードです。 凛とした響きと卓越した技巧により、これらロマンティックな協奏曲を甘ったるいものにせず、美しく聴かせます。 素晴らしい演奏ですね。 このところ、大曲を聴く気力が失せつつありますけど、気持ちをすっきりとさせてくれる1枚です。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/eac30018.htm

|

« 【感想】尼崎市民交響楽団 第20回記念定期演奏会 | Main | 【感想】芦屋交響楽団 第64回定期演奏会 »

Comments

前略
初めて御便り致します。懐かしの『ニュー-セラフィム-ベスト150シリーズ』に編入された、EAC-30018と言う番号の盤ですね。このディスク、愚生のレコード棚にもございます。過度に旋律美を強調せず、端正な弾きぶりで魅了される演奏ですね。晩年のDGへの録音シリーズに、このブルッフは取り上げられませんでしたので、大事にしておきたいレコードですね。それでは、失礼致します。
草々

Posted by: 覆面吾郎 | September 19, 2019 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【LP】ミルシティンのブラームス&ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲:

« 【感想】尼崎市民交響楽団 第20回記念定期演奏会 | Main | 【感想】芦屋交響楽団 第64回定期演奏会 »