« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

【感想】関西大学交響楽団 第28回サマーコンサート

2005年6月25日(土) 19:00  吹田市文化会館メイシアター・大ホール

ウェーバー: 「オベロン」序曲 (*)
グリーグ: 組曲「ペール・ギュント」より (**)
   「朝」「オーセの死」「山の魔王の宮殿にて」「アラビアの踊り」
   「ペール・ギュントの帰郷」「ソルヴェイグの歌」
ドヴォルザーク: 交響曲第8番ト長調

(アンコール)ドヴォルザーク: スラブ舞曲第1番

指揮: 高谷光信、織田映子(学生:**)、大塚佑馬(学生:*)

<感想>

とても精力的な演奏会でした。 年寄り臭いけど、若いって素晴らしいなぁ〜なんてつい思ってしまうような演奏に圧倒されました。
若手イケメン指揮者の高谷さんによるドヴォルザークの交響曲第8番。 スタイリッシュな指揮で、要所をバシッバシッと決めて進めてゆきます。 もちろんイケイケドンではなく、抑えるべきところはしっかりと抑えを効かせて、じっくりと構えた恰幅の良い演奏とします。 全体的に漲るパワーを感じさせ、キレの良い爽快なドヴォルザークでした。 
ただし個人的にはガンガン演奏しているのが少々お腹いっぱいにも感じた面もありましたけれどね、とにかく若い指揮者と若いオーケストラががっぷりと組んだ活気に満ちたドヴォルザークを楽しみました。
でもこの日、もっとも精力的だったのは学生指揮者の織田さんではなかったでしょうか。
1曲目の「オベロン」序曲では 2ndヴァイオリンのトップサイドを弾いてから2曲目の「ペール・ギュント」では指揮台に立って6曲を見事に指揮。 このあとも1stヴァイオリンのトゥッティとしてドヴォルザークの交響曲第8番に参加されていました。 若いから疲れ知らずなのかしら、と思ってしまうほどでした。
しかも「ペール・ギュント」の演奏、お世辞抜きで6曲とも実に素晴らしい演奏に聞き惚れました。 前半は情感のこもった演奏で、弱音の表現力・集中力がとても素晴らしかったのを特筆したいですね。 そして後半、本来の持ち味であるキレの良い指揮をしてオケをぐぃぐぃと引張った統率力もまた素晴らしかった。 特にフレーズの間合いの取り方など、几帳面になぞるのではなく、聴き手に説得力を感じさせた演奏は見事の一言。 超有名曲なので、耳馴染みは良いけど、裏を返せばかえってアラも見えやすい難曲。 どのように料理するのかなと聴く前にはちょっと不安も感じていたことを白状しますけど、それは全くもって杞憂でした。 勿論、オケへ全幅の信頼を込めた指揮であったでしょうし、オケもまた仲間の指揮者を盛り立てるべく充実した演奏内容で応えていたのだと思いますが、とにかくこれが学生による演奏かと思うほど見事な演奏に参りました。 織田さんの指揮、これは只者ではないですね。 

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050625.htm

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 26, 2005

7/17:待兼交響楽団 第17回定期演奏会

日時:2005年7月17日(日) 13:30開演(13:00開場)
会場:伊丹アイフォニックホール

曲目:ベートーヴェン/序曲「プロメテウスの創造物」
   エルガー/変奏曲「エニグマ」
   ブラームス/交響曲第4番

指揮:守山俊吾

入場料:不明

ホームページ:http://www.geocities.jp/machikane_orc/index.html

<補足>

団長の出身である大阪大学(豊中キャンパス)が所在する”待兼山”に由来する待兼交響楽団。
大阪大学交響楽団の定期演奏会と同じ日に演奏会をされるとは・・・どちらに行こうかと悩んでしまいますねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2005

7月のアマオケコンサート情報

7月に、京阪神などで開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしております。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板に投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います。

いざ、出発!!

7/2:近畿大学文化会交響楽団 第35回プロムナードコンサート
7/2:大森早織さん 追悼礼拝・追悼演奏会
7/3:西尾市民吹奏楽団 グリーンコンサート2005
7/9:かぶとやま交響楽団 第32回定期演奏会
7/9:茨木アンサンブル 第17回コンサート
7/10:やまなみグリーネ管弦楽団 第20回定期演奏会
7/10:オーケストラアンサンブル高槻 第1回定期演奏会
7/16:大阪大学交響楽団 第85回定期演奏会
7/17:待兼交響楽団 第17回定期演奏会
7/23:大阪ハイドンアンサンブル 第11回定期演奏会

| | Comments (5) | TrackBack (0)

7/2:近畿大学文化会交響楽団 第35回プロムナードコンサート

日時:2005年7月2日(土) 18:00開演(17:30開場)
会場:近畿大学学内11月ホール・大ホール

曲目:ヴェルディ/「ナブッコ」序曲
   グノー/オペラ「ファウスト」バレエ音楽より抜粋
   ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」

指揮:杉原翔太(学生指揮者)、松田卓也(学生指揮者)

入場料:無料(配布チケットあり・全席自由)

問合せ:ryuryu@md.nasic.com

ホームページ:http://sound.jp/kinkyo/

<補足>

阪神学生オーケストラ連盟に加盟している近大のオケによる演奏会です。
近畿大学のOBオケから発展した近畿フィルは何度か演奏会にうかがっているのですけど、近畿大学のオケは残念ながらまだ伺ったことがありません。
なお某大学オケの掲示板より情報を拾いましたけど、配布チケットあり、というのが気になって問合せ先のメールアドレスを記載しています。
でも、このブログで見た、と書いても「それ何?」ってことになると思いますので、注意してくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

7/9:かぶとやま交響楽団 第32回定期演奏会

日時:2005年7月9日(土) 18:30開演(18:00開場)
会場:伊丹アイフォニックホール

曲目:メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」
   シューベルト/交響曲第3番ニ長調D200
   イベール/モーツァルトへのオマージュ
   ワーグナー/ジークフリート牧歌
   ヘンデル/組曲「水上の音楽」(ハーティ編)

指揮:中村晃之

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.jttk.zaq.ne.jp/kabutoyama/

<補足>

こだわり集団のかぶ響の今度の定期演奏会、盛りだくさんの内容に驚きますね。
でもなんかそそられます。 今回は行かなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7/9:茨木アンサンブル 第17回コンサート

日時:2005年7月9日(土) 18:30開演(18:00開場)
会場:茨木市クリエイトセンターホール

曲目:メンデルスゾーン/序曲「美しいメルジーネ」 作品32
   メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
   エルガー/弦楽のためのセレナーデホ短調 作品20
   エルガー/イントロダクションとアレグロ 作品47

独奏:鍋嶋 芳(vn)

入場料:無料

ホームページ:http://www.c-clef.com/ibaraki/top.html
<補足>

大阪府茨木市で1987年より活動を続けられている弦楽アンサンブルです。
全曲指揮者なしでの演奏だそうですが、今回は管楽器の応援を得てメンデルスゾーンにも挑戦されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7/10:やまなみグリーネ管弦楽団 第20回定期演奏会

日時:2005年7月10日(日) 14:00開演(13:30開場)
会場:やまなみホール

曲目:ベートーヴェン/序曲「コリオラン」
   ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
   ベートーヴェン/交響曲第7番

独奏:赤松由夏(vn)

指揮:河野正孝

入場料:1,000円 (小学生以下無料、全席自由)

ホームページ:http://homepage3.nifty.com/yamanami-g/
<補足>

京都で唯一の村、南山城村のやまなみホールに拠点を置くやまなみグリーネ。 自主運営団体になっても頑張っていますね。 
前回のマーラーの交響曲第4番は素晴らしい演奏でしたが、今回はオール・ベートーヴェン・プロで注目です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7/10:オーケストラアンサンブル高槻 第1回定期演奏会

日時:2005年7月10日(日) 14:00開演(13:30開場)
会場:島本町住民ホール

曲目:ベートーヴェン/交響曲第1番
   ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番

独奏:井出由紀子(p)

指揮:金本幸年

入場料:無料

ホームページ:http://www.geocities.jp/okean_2005/
<補足>

大阪府北摂を拠点に2004年5月から活動を始めたアマオケです。
高槻の平安女学院で毎年末に開催されている「クリスマスカンタータ」(キリストの生誕劇)のオーケストラ伴奏のメンバーを母体として発足たそうで、オーケストラ平アンとも呼ばれているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7/16:大阪大学交響楽団 第85回定期演奏会

日時:2005年7月16日(土) 13:30開演(13:00開場)
会場:尼崎アルカイックホール

曲目:ベートーヴェン/序曲「エグモント」
   グリーグ/「ペール・ギュント」第1・2組曲
   ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」

指揮:金洪才

入場料:1,000円

ホームページ:http://park10.wakwak.com/~handai-phil/

<補足>

久しく金洪才さんが指揮される演奏会を聴いていないような気がします。 そもそも関西でも指揮が少なくなっているのかな・・・ 金さんの運命、聴いてみたいですね。 ほんと聴きたいなぁ〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

7/23:大阪ハイドンアンサンブル 第11回定期演奏会

日時:2005年7月23日(土) 18:30開演(18:00開場)
会場:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)

曲目:ハイドン/交響曲第103番「太鼓連打」
   ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番
   モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」

独奏:池浦千晶(p)

指揮:杉田圭一

入場料:1,000円 (全席自由)

ホームページ:http://www008.upp.so-net.ne.jp/haydn/haydn/main.html

<補足>

1993年、同志社交響楽団OBで結成されたハイドンアンサンブルの年に1回の定期演奏会。
18世紀の名曲を主体にした演奏会に好感が持てますね。 
招待状が手元きましたけど、でもこの日、旅行中です・・・残念・・・

★招待状が欲しい方はメールください、先着で差し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7/3:西尾市民吹奏楽団 グリーンコンサート2005

日時:2005年7月3日(日) 14:00開演(13:30開場)
会場:西尾市文化会館 大ホール

曲目:<第1部>
    鈴木英史/イントラーダ「S−S−S」(スリーエス)
    全日本吹奏楽コンクール2005年度課題曲より
    天野正道/レジェンダ・イ・レジェネラチェァ
    David R. Gillingham/With Heart and Voice
   <第2部>
    オーメンズ・オブ・ラブ
    アニトラの踊り
    マジック・スライド
    瞳をとじて
    あの日聞いた歌
    バードランド

指揮:岩崎義高、矢崎 佑

司会:占部沙矢香 <中部日本放送(CBC)アナウンサー>

入場料:500円(小学生未満無料、親子観覧席も有り)

ホームページ:http://www.katch.ne.jp/~kon1/

<補足>

愛知県西尾市に本拠を置く吹奏楽団のグリーンコンサートのご案内です。
収益金は善意銀行に寄付され、平成7年には全国善意銀行連絡協議会より表彰も受けておられるとのこと。 お近くの皆さん、いかがですか。
なおこの楽団、昭和47年に設立されたので創立30年を超える楽団です。
年1回の定期演奏会の他に、社会福祉貢献のためチャリティコンサートも昭和53年より開催され(2003年より現在のグリーンコンサートの名称を使われています)地域社会に根ざした活動されいる団体です。
この情報は、指揮者井村誠貴さんを勝手に応援するサイトの掲示板より、ゆみこさんからのご紹介により掲示いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2005

7/2:大森早織さん 追悼礼拝・追悼演奏会

日時:2005年7月2日(土) 14:00開演
会場:同志社女子大学 新島記念講堂(京田辺キャンパス)

曲目:第1部 : 追悼音楽礼拝
   第2部 : 追悼演奏会
    〜さおりんと思い出のステージ〜
  ・「フィガロの結婚」よりハイライト 大森さんも交えて
  ・大森さん作曲による テニスサークル「プリンス」の歌
  ・合唱 「送別の歌」

指揮:井村誠貴

入場料:無料

ホームページ:http://www.dwc.doshisha.ac.jp/topics/reihai.html

<補足>

JR福知山線脱線事故において、将来を嘱望されてつつも犠牲になられた大森早織さんの追悼礼拝・追悼演奏会です。
第1部の追悼礼拝では、同級生約10名がフォーレ作曲のレクイエムより「インパラディズム」と「ラシーヌ賛歌」を合唱されます。
また第2部の追悼演奏会では、大森さんがヒロインを熱演された今年2月の卒業公演「フィガロの結婚」の出演シーンの映像を交えながらオーケストラを入れてハイライトを再演。
また大森さんが所属されていた同志社大学テニスサークル「プリンス」の歌(ご本人作曲)を同サークルメンバーが合唱されます。
改めて慎んでご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2005

【感想】ならチェンバーアンサンブル 第69回定期演奏会

2005年6月18日(土) 14:00  学園前ホール

モーツァルト: セレナーデ第13番ト長調K.525「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」
ボロディン: 弦楽四重奏曲第2番 第3楽章「ノクターン」
ドビュッシー: 月の光、花火 [p]
バルトーク:蚊の踊り(「2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲」より)[vn-1,2]
ポッパー:セレナード 作品54-2 [Vc,p]
サン=サーンス: ピアノ三重奏曲第1番ヘ長調 作品18 [Vn-1,Vc,p]

(アンコール)シューベルト: セレナーデ [Vn-1,Vc,p]

演奏:五十嵐由紀子(Vn-1)
   海田仁美(Vn-2)
   植田延江(Va)
   斎藤建寛(Vc)
   山田剛史(p)

<感想>

「夏のセレナーデ」と題された演奏会、アンコールもシューベルトのセレナーデ、爽やかなセレナーデづくしの演奏会を楽しみました。 
クラシック音楽をよく聴いていても、実際に室内楽を楽しむ機会がほとんどありませんので、ならチェンバーアンサンブルの演奏会は本当に楽しみにしています。 今回もそんな期待を裏切らない、凛として清潔感のあるアンサンブルを堪能しました。
とくにノクターンと名付けられたボロディンの弦楽四重奏曲第2番第3楽章。 初めて聴く曲でしたけれど、とても素適な曲で好きになりました。 またドビュッシーの「月の光」と「花火」、東京芸大大学院に今年入学された山田さんのピアノがキラメキ感とともに踏み込みも充分、冴え渡っていましたね。 また休憩後にはバルトークの「蚊の踊り」という48秒のご愛嬌ともいえる曲も含め、いずれの曲、いずれの演奏ともに充実した演奏内容に満足しました。
そしてアンコール、五十嵐さんの「感謝の気持ちで、心をこめて演奏します」とのスピーチで演奏されたシューベルトのノクターンのまた素晴らしかったこと。 艶のあるヴァイオリンの響き、そして各自が充分に歌いあった素適な演奏に心洗われました。 とても清々しい気持ちで会場をあとにすることができました。 今回もまたとても素適な演奏会、存分に堪能しました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050618.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2005

【LP】スピヴァコフスキーのシベリウス/ヴァイオリン協奏曲

ms1030ev

コロムビア・ダイヤモンド1000シリーズに収録された名盤の1枚。 叙情性が漂う味わい深いシベリウスのヴァイオリン協奏曲です。 このレコードが出ていた当時、まったく意識しなかったレコードですけど、ようやくこの歳になって入手でき、味わえるようにもなりました。 味わい深い演奏ですね。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/ms1030ev.htm

| | Comments (4) | TrackBack (1)

June 05, 2005

【Concerthall Society】「その18」に1点追加

BQクラシックスの「コンサートホールLP・アルバム(18)」にジャケット写真を1点追加しました

SMS2570

sms2570

 チャイコフスキー:バレエ音楽「眠りの森の美女」(抜粋)

ロリン・マゼール指揮ベルリン放送交響楽団

| | Comments (2) | TrackBack (0)

8/7:天理シティーオーケストラ 第5回定期演奏会

日時:2005年8月7日(日) 14:00開演(13:00開場)
会場:天理市民会館

曲目:ベートーベン/交響曲第5番「運命」
   ブルックナー/交響曲第4番「ロマンティック」

ゲストコンサートマスター:金関 環

指揮:安野英之

入場料:1,000円

ホームページ:http://www.h5.dion.ne.jp/~tco/

<補足>

掲示板でご紹介いただきましたので、8月の演奏会ですけれど、ここに掲示します。
奈良の新鋭アマオケである天理シティ・オケが、じつに精力的にロマンティックと運命という凄いプログラムで演奏会を行います。 今から楽しみです。 特にロマンティックが聴きたいな。
なおコンサートマスターはこれまでの栄島さんも所属しておられるラ・ストラーダ弦楽アンサンブルのコンサートマスター金関 環さんというのも見(聴き)逃せませんね。
皆さん、とても綺麗な天理の街を散策してから演奏会に行ってみませんか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2005

【LP】ベールマン指揮のピエール・ドゥ・ラ・リュー「レクイエム」

ow7624vx

コロムビア・エオリアン100シリーズの1枚。 1976年2月に発売されたもののようで、ジャケットには「中世・ルネサンスの再発見−7」と書かれています。 いつ買ったのか記憶にありません。 多分、今は無き数寄屋橋ハンターで捕獲したものでしょうね。 それはともかく、時々、無性にこのような音楽に身を委ねたくなるときがあります。 そんな時、ぼけっ〜と聴いているのが好きです。 器楽を除いた合唱のみのアンサンブルが素晴らしく、叙情的で心休まる音楽です。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/ow7624vx.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【Concerthall Society】「その18」に2点追加

BQクラシックスの「コンサートホールLP・アルバム(18)」にジャケット写真を2点追加しました

SMS2549

sms2594

 ベートーヴェン: 三重協奏曲ハ長調op56

クロード・エルファー(p)、イゴール・オジム(vn)、アウロラ・ナトーラ(vc)、
ハインツ・ワルベルク指揮ウィーン国立交響楽団


AM2149

am2149

 モーツァルト:ピアノ協奏曲第20・23番

フィリップ・アントルモン(p)、
ジャン・アントルモン指揮フランクフルト交響楽団

 ※英国盤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2005

【感想】奈良交響楽団 第47回定期演奏会

2005年5月29日(日) 13:45 奈良県文化会館国際ホール

モーツァルト: 歌劇《魔笛》序曲K.620
ブラームス: ハイドンの主題による変奏曲作品56a
ドヴォルザーク: 交響曲第6番ニ長調作品60

(アンコール)ドヴォルザーク: ユーモレスク

指揮:関谷弘志

<感想>

躍動感あるドヴォルザークの交響曲第6番を堪能しました。
さっと譜面を戻し、第1楽章の主題の呈示を反復、新緑あふれるこの季節にはピッタリのこの曲をあますところなく楽しませてもらいました。
今回もまた2階席から聴いていましたので、耳馴染みの良いメロディが各パート間で受け渡され、弦と管が呼応するところなど、実に興味深く拝見しました。 また第3楽章のフリアント、軽快に弾む音楽を楽しく聴いていたのですけれど、ステージを見ると、ホルン第4奏者の女性の方も実に楽しそうなご様子。 自分の出番ではないところでは首をちょっと振っておられ(単に数を数えていたのかもしれませんけれど、楽しそうなご様子で)、いざ自分の出番になるとさっとホルンを構え、颯爽と吹いてらっしゃったのもとても印象に残りました。 とにかく気持ちの良いホルンの斉奏でした。 演奏者の皆さんもこの曲をとても気に入って演奏されていたのかもしれませんね。 そんな気持ちがとてもよく伝わってきた演奏でした。 心ゆくまでドヴォルザークの音楽を味わうことが出来、とても良い経験になりました。
なお今回、親子招待という企画のため、お子さん連れのお客さんが多くいらっしゃいましたので、この曲に先立って演奏されたのは、モーツァルトの魔笛序曲とブラームスのハイドンの主題による変奏曲。 しかもアンコールにはドヴォルザークのユーモレスクという超有名曲が並んでいました。
魔笛序曲は関谷さんの指揮のもと丁寧に纏めた演奏、ブラームスもまた格調高く主題を練り上げた演奏だったと思います。 思います、というのは今回、慌ててホールに駆け込んだので、魔笛序曲など完全に息があがった状態でした。 落着いて曲を楽しむ余裕がありませんでした(すみません)。 とにかく、お子さんにはドヴォルザークはちょっと長すぎたようですけど(お母さん共々寝てらっしゃる方を多く見かけましたけど)、こちらは楽しまれているようでした。 新緑の頃にとてもよく合った演奏会に満足しました。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050529.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【感想】大阪市立大学交響楽団 ジューンコンサート2005

2005年5月28日(土) 19:00 八尾プリズムホール

フンパーディンク: 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より前奏曲 (*)
ベートーヴェン: 交響曲第8番
シベリウス: 交響曲第2番

(アンコール)シベリウス: 悲しきワルツ

指揮:藏野雅彦、大塚洋平(*,学生)

<感想>

エネルギッシュな藏野さんの指揮のもと、若々しいオケによる清新な力と熱気にあふれたシベリウスの交響曲第2番に満足しました。
シベリウスの交響曲第2番、藏野さんはきちっと縦の線を揃えながらも第1楽章から起伏の大きな熱い演奏、それが最後まで衰えることなく、第4楽章では底力のある金管が雄大に歌い上げて素晴らしい演奏でした。 もとからこの曲は叙情的に演奏するのではなく、ぐぃぐぃと力を込めて演奏するのが好きなので、とても聴き応えのある演奏には大いに満足しました。
ベートーヴェンの交響曲第8番も、若い学生オケらしく一本気な感じのするタイトでストレート、熱い演奏でした。 ただこちらはシベリウスと違って全体的に音量の幅が狭く、ガンガン演った、という感じもしました。 個人的な嗜好もあって、もうちょっと歌わせて欲しいところでしたけど、この律儀さを感じさせる若い学生オケでは、ルーズなオジさんの趣味とは相容れなかったのかもしれませんね。
というのも、途中の休憩時間のこと。 休憩時間が15分間とのアナウンスのあと「8時4分から演奏開始予定です」との言葉が続いたので、えっ、て思って時計を見たら、演奏終了は7時49分でした。 それに15分加えると8時4分ですね、確かに・・・(でも細かいな)。 しかも、本当に8時4分きっかりにオケメンバーが登場しました。 そして1分もかからずに全員が席につき、コンマスが8時5分の数秒前に出てきたのにはもう脱帽。 心底驚きました。 とにかく演奏に取り組む真摯な姿勢・気合が伝わってきた出来事でした。
冒頭の学生指揮による「ヘンゼルとグレーテル」の前奏曲、もちろん藏野さんのようなエネルギッシュさはありませんけれど、そんなオケ本来の真面目さ丁寧さのよく出た演奏でした。 ゆったりとした情感のこもった開始、きちっとした見せ場を作り、優しい時間をホールに流れさせて見事でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050528.htm

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »