« 【LP】グシュルバウアーのモーツァルト「雀ミサ」 | Main | 【LP】ノーマン・デル・マーのディーリアス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」 »

April 16, 2005

【感想】千里フィルハーモニア・大阪 第33回定期演奏会

千里フィルハーモニア・大阪 第33回定期演奏会
2005年4月10日(日) 14:00 いずみホール

松下 功:二重協奏曲「祈りの時へ」(2005) 【世界初演】(*)
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47
シベリウス:交響曲第2番ニ長調op.43

独奏:長原幸太(vn)、澤 和樹(vn)

指揮:澤 和樹、松下 功(*)

<感想>

とにかく熱い、いずれも大熱演の演奏会でした。
ヴァイオリン協奏曲、ソリストの長原幸太さんが身体を左右に振りながらの熱演。 時には熱い想いが身体中を駆け抜けるのか、一本足奏法になる程に気合が入っていました。 見ているこちら側までその熱い想いがビンビンと伝わってきた熱い演奏でした。
また交響曲第2番もまた終始熱気のこもった演奏でした。 澤和樹さんの指揮による音楽はザッハリッヒカイト。 安定した低弦の上に乗せた音楽が十分に締まっていて曖昧なところなどなく、ぐぃぐぃと進めていたのが特徴的でした。 また金管楽器の響きには重量感があり、要所をタイトに決めて強靭な音楽。 オケ全体の音色には統一感があり、素晴らしい演奏でした。 こんな力強いシベリウスの交響曲第2番、とても大好きです。 
ただし、こんなにも熱い音楽が2曲続いたせいでしょうか、交響曲の後半には聴いているこちら側に少々聴き疲れを感じてきましたけど、オケの皆さんは最後まで全く集中力を切らすことなく脱帽。 熱く迸るようなシベリウスに参りました、本当にそんな感じでした。
なおこれに先立って演奏された世界初演作、松下功さん作曲・指揮による二重協奏曲「祈りの時へ」(2005)。 けっして明るい音楽ではなく、最近流行りのヒーリング・ミュージック的な要素を持たない音楽で、常に真摯な響きが特徴的。 不安を掻き立てられる8分の11拍子の繰返しによる開始、沈痛な叫びのようなヴァイオリンの掛け合いなど、響きの真摯さがまた静かに熱い演奏でした。 現代音楽を聴く機会は少ないのですけれど、1970年代からクラシック音楽に目覚めたこともあって、現代音楽というとミニマル・ミュージックや前衛的な音楽を想像してしまいます。 実はヒーリング・ミュージック的な現代音楽って軽すぎて違和感を持っていたりしますので、この演奏も集中して聴けました。 とてもいい経験になりました。
とにかく皆さん、熱い演奏の数々、おつかれさまでした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050410.htm

|

« 【LP】グシュルバウアーのモーツァルト「雀ミサ」 | Main | 【LP】ノーマン・デル・マーのディーリアス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」 »

Comments

ご来場ありがとうございました。今回は非常に重たいプログラムでお客さんにもハードだったかなと思いましたが、長原さんの好演で救われました。彼は実は交響曲にも乗っていただいていましたが、気づかれたでしょうか(^0^)

Posted by: totoro | April 17, 2005 12:43 AM

コメントありがとうございます。 熱の篭った演奏、本当にお疲れさまでした。
長原さんが交響曲に乗られていたことは、詳細の記事のほうに記載しています(^^;;
弓の上下は同じだけど、ニュアンスの付け方が微妙に違ってて、面白いなぁ・・・って見てました(^.^)
なお詳細の記事にも書いてますけど、数日後の朝日新聞(大阪)夕刊に長原さんの写真入の大きな記事が出てまして吃驚しました。 ほんと音楽小僧って感じでしたもの。
それでは~

Posted by: 安田裕隆 | April 17, 2005 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【感想】千里フィルハーモニア・大阪 第33回定期演奏会:

» 演奏会1週間前 [日本酒大好き!クラシック音楽大好き!@WebryBlog]
先日のブログに書いたが、 [Read More]

Tracked on April 17, 2005 11:31 PM

« 【LP】グシュルバウアーのモーツァルト「雀ミサ」 | Main | 【LP】ノーマン・デル・マーのディーリアス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」 »