« 【LP】クリップスのベートーヴェン「運命」 | Main | 5/29:沼津交響楽団 第21回定期演奏会 »

April 30, 2005

【感想】奈良女子大学管弦楽団 '05スプリングコンサート

2005年4月24日(日) 14:00  いかるがホール

シベリウス: 交響詩「フィンランディア」作品28
メンデルスゾーン: 「真夏の夜の夢」より「序曲」「夜想曲」「結婚行進曲」
メンデルスゾーン: 交響曲第4番「イタリア」 作品90

(アンコール)チャイコフスキー: 「くるみ割り人形」より「トレパーク」

指揮:牧村邦彦

<感想>

とても良い天気の日、法隆寺のいかるがホールにて元気のいい演奏を聴いてきました。
オケ全体としての纏まりの良さ、誠実さが強く感じられた演奏で、元気が良いといっても単に勢いだけで乗り切ったのとはまったく違う充実した演奏でした。 
冒頭のフィンランディアから粘りのある響きが見事な演奏でした。 底力のあるブラスと張りのある打楽器、弦楽器もまとわりつくようでちょっと遅めのテンポだったでしょうか、力をこめて進み、熱く盛り上げました。
メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」、前回の演奏会はフィンガルの洞窟とヴァイオリン協奏曲、このところメンデスゾーンが続いていますね。 それはさておき、気合を入れて端正にまとめられた演奏だったかしら。 個人的には「夜想曲」のホルンの響きの雰囲気の良さに聴き惚れました。 確かに若干惜しい場面もありましたけれど、そんなことが全く気にならない気持ちの良い響きと歌いまわし、素晴らしかったですね。 それと「結婚行進曲」、前半はちょっと抑え気味だったファンファーレも中盤から気持ちがよく乗ってきて、輝くトランペットをハイライトに各パートの音が響きあってとても見事でした。 ゆったりとした恰幅の良い音楽として全体を纏めあげていました。 一生懸命さ、誠実さがとても強く感じられた演奏でした。
そしてメインのイタリア交響曲、当日の陽射しのように明るく、でもまだ春の柔らかさを残した爽やかでイキの良さを感じた演奏でした。 冒頭の軽快な軽快な主題のあとの緻密な展開、終楽章サルタレロの集中力の高い真摯な演奏など、ここでもオケとしての纏まりの良さが演奏をぐっと引き締めていました。
2000年のスプコンで初めて聴かせてもらってからなので、もう6年ですか。 入れ替わりもありますけど、技術的にはかなり巧くなっています。 だから以前と違って安心して聴いていられますが、欲を言わせてもらうならば、ちょっとストレートすぎるきらいがあることでしょうか。 学生オケらしい誠実さ、お行儀のよさといえば、そうなんですけれどもね。 そんな贅沢も言ってみたくなるような演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20050424.htm

|

« 【LP】クリップスのベートーヴェン「運命」 | Main | 5/29:沼津交響楽団 第21回定期演奏会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【感想】奈良女子大学管弦楽団 '05スプリングコンサート:

« 【LP】クリップスのベートーヴェン「運命」 | Main | 5/29:沼津交響楽団 第21回定期演奏会 »