Main | April 2004 »

March 31, 2004

【プロ】ならチェンバーアンサンブル 第67回定期演奏会

日時:2004年5月8日(土) 開場13:30 開演14:00
場所:学園前ホール(近鉄奈良線学園前駅下車すぐ)

曲目:ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96「アメリカ」より
           森の静けさ
           ユーモレスク
           ソナチネ ト長調 作品100より
   スメタナ/ピアノ三重奏曲 ト短調 作品15 第2・8楽章
   ドヴォルザーク/ピアノ五重奏曲 イ長調 作品81

ヴァイオリン:五十嵐由紀子
ヴァイオリン:梅田仁美
ヴィオラ  :植田延江
チェロ   :斎藤建寛
ピアノ   :萬谷衣里、山田剛史

料金:1,000円
   前売り券は、以下の場所で、4月8日(木)より販売開始
    ・奈良市文化振興課/北部出張所/なら100年会館/
     学園前ホール/ならまちセンター/市民サービスコーナー(奈良ファミリー5階)

問い合わせ:奈良市文化振興課 0742-34-4728

<補足>

 ならチェンバーは、奈良市の市制90周年を迎えた1987年、奈良市の室内楽団として設立されています。 年に4回の定期演奏会を、オーケストラ編成、室内楽編成とほぼ交互に入れ替えながら、1,000円という低料金で奈良市民に提供してくれています(老春手帳、障がい者手帳を持っている方は無料)。 
 コンサートミストレスの五十嵐さん、女性の年齢のことを言っては失礼だと思いますが、僕とあまり違わないと思うのにとても綺麗な方ですね。 相愛大学や奈良教育大で教えていらっしゃるそうです。 ヴィオラの植田さん、いずみホールシンフォニエッタにも所属していらっしゃいます。 チェロの斎藤さんは相愛大学の教授だそうで、いつも緊密なアンサンブルを聞かせてくださいます。 僕は、ならチェンバーの友の会にも入って、都合がつく限り聴かせてもらっています。
 そして今回、先日のリサイタルで評論家の出谷啓さんも絶賛された萬谷衣里さんが登場されるとあっては、もう聞き逃すわけにはいきません。
 ただしこの演奏会のチケット、学園前ホール開催の今回、早々に売り切れてしまうので注意が必要です。 前回、学園前ホールで開催されたとき、当日券の残券が5枚しかありませんでした(文化振興課に電話して情報入手し、並んで当日券をなんとかゲットしました・・・なんでも北部出張所に残っていた5枚が当日券になったそうで、どうしても行きたい時にはココが穴場かもしれませんヨ)。 行きたいと思われた方は、お早めに!
 最後に、この演奏会、低料金のためにパンフレットに曲目解説が書かれていません。 でもね、演奏者の方が(今回の場合、たぶん五十嵐さんの可愛らしいお声で)お話ししてくださるのも嬉しいところでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 30, 2004

【感想】関西医科学生交響楽団 第11回定期演奏会

2004年3月28日(日) 14:00 京都コンサートホール大ホール

グラズノフ: 祝典序曲
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番
バルトーク: 管弦楽のための協奏曲

独奏: 林 久美子(p)

指揮: 江田 司

<感想>

巧いオケでした。 関西医科大学交響楽団、関西の医学生を中心にした、言葉は悪いですが、寄せ集めのオケなんですけれど(毎回演奏会にエントリーする人を集めているそうです)、そのような片鱗はどこにも見いだせませんでした。 弦のパートは前から後ろまでビシっと揃っていますし、管楽器の響きも全体の音色によくマッチしてて、浮いたような感じなど皆無でした。 個人プレーよりもチームプレーに徹しているっていう感じの巧さで、ホルンなど、タイトな渋い音色が綺麗に揃っていて、ほんと巧かったです。 相当に練習を積まれたのか、腕自慢の人が集まってきたような感じでしょうか(たぶん両方じゃないかな)。
グラズノフの祝典序曲は、柔らかい響きが魅力的でしたし、ラフマニノフのピアノ協奏曲ではコントロールのよく効いたしっかりしたサポートぶり。 林さんの凛としたピアノと一体となった見事な演奏でした。 そして、バルトークのオケコンでは、何よりアンサンブルの巧さが光っていました。 天邪鬼な僕ですからね、こんなに巧く演るよりも、ちょっとくらいハラハラさせてくれたほうが面白かったよなぁ、なんて感じたほどです。
いずれの曲も指揮者の江田司さんによるバランス感覚の良さが強く出ていたのかもしれませんね。 とても充実した演奏会でした。

<詳細>

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/concert/20040328.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2004

【プロ】ラ・ストラーダ弦楽アンサンブル第22回定期演奏会

日時/場所:

 2004年3月31日(水) 開場18:30 開演19:00 / 学園前ホール(奈良市)
 2004年4月 1日(木) 開場18:30 開演19:00 / ザ・フェニックスホール(大阪市)
 2004年4月 3日(土) 開場18:30 開演19:00 / HAKUJU HALL(東京都)

曲目:ヴィヴァルディ 4つのヴァイオリンとチェロの為の協奏曲
   林 晶彦     弦楽オーケストラのための「道」(ラ・ストラーダ)
   シューベルト  「死と乙女」(弦楽合奏版)   

料金:

 学園前ホール・フェニックスホールのチケット料金
  ◎前売券 ¥2,500[一般] ¥2,000[学生・シルバー(60才以上の方)]
  ◎当日券 ¥3,000[一律]   全席自由

 HAKUJU HALLのチケット料金
  ◎前売券 ¥4,000  ◎当日券 ¥4,500   全席自由

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1807/

<補足>
 アマオケばかりではネタ切れなんで・・・アマオケに関係にされている若手プロ奏者の演奏会も紹介します。
 先日、縁あって天理シティオーケストラを聴かせていただく機会に恵まれました。 この演奏会で、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏されたのが、このラ・ストラーダのコンサート・マスターをされている金関 環さんです。 ジュリアード出身だそうですが、柔らかな響きがとても素適でした。 そして天理シティオケを指揮されたのがチェロを弾かれている安野英之さん。 また天理シティオケのコンサートマスターは栄嶋道広さんでした。 皆さん、奈良・大阪を地盤にフリーランスとして活躍されているようです。 
 あと、ラ・ストラーダのメンバー表を見ていたら船津真美子さんのお名前がありました。 箕面市民オーケストラのコンサートミストレスを長く務めらた方ですね。 大阪シンフォニカーのエキストラや吹田市交響楽団の演奏会での独奏者として聴いたことがあります。 あと小畠雅美さんは、大阪シンフォニカーの団員さんでよく聴かせていただきましたが、最近では奈良女子大オケのトレーナもされていたのではないかな(ちょっとウロ憶え)。 
 とにかく、ホームページには「音楽に向き合う真摯な姿勢が生み出す、精緻でありながら情熱的な演奏と、クラシックの音楽会ではあまり見られないステージ上での解説やユーモアに富んだトークとのギャップが魅力。」と書かれています。 確かに天理シティオケでアンコールとして演奏されたモンティのチャールダッシュは、そんな魅力に溢れた演奏でした。
 「クラシックの音楽会ではあまり見られないステージ上での解説やユーモアに富んだトークとのギャップが魅力。」なので、お時間の許す方は楽しまれてみてはどうでしょうか。 って僕は、平日の夜は予定が立たないので、よく分かりません。 学園前ホールは魅力なんですけどね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2004

第32回全国アマチュアオーケストラフェスティバル大阪大会

大会日程:2004年8月20日(金)〜22日(日)

8/20(金): 開会式・フェスティバルオーケストラ練習
8/21(土): フェスティバルオーケストラ練習・運営協議会・レセプション
8/22(日): フェスティバルコンサート本番・閉会式

会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)

オーケストラA

 曲目:シベリウス 交響曲第2番ニ長調作品43

 指揮者:栗田博文
    (東京音楽大学指揮研究科卒業、
     1995年第1回シベリウス国際指揮者コンクール最高位受賞)
 ゲストコンサートマスター:稲庭 達
    (元大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、
     元大阪センチュリー交響楽団コンサートマスター)

オーケストラB

 曲目:ムソルグスキー(ラヴェル編曲) 組曲「展覧会の絵」

 指揮者:西本智実
    (大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻卒業、
     「ロシア・ボリショイ交響楽団"ミレニウム"」首席指揮者)
 ゲストコンサートミストレス:赤松由夏
    (大阪音楽大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業、同大学大学院修了、
     ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団コンサートミストレス)

 オーケストラM(マスターズ)

 曲目:チャイコフスキー 弦楽セレナードハ長調作品48

 指導者:森 悠子
    (ルーズベルト大学シカゴ音楽院教授、
     長岡京室内アンサンブル音楽監督)

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kcpo/AOF2004/index.html

<補足>
 年に1回のアマオケのお祭りが、今年は大阪で開催されます。 主管オケは、関西シティフィルハーモニー交響楽団だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2004

関西医科学生交響楽団第11回定期演奏会

日時:2004年3月28日(日) 開場13:00 開演14:00
場所:京都コンサートホール大ホール

曲目:バルトーク/管弦楽のための協奏曲
   ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
   グラズノフ/祝典序曲

独奏:林 久美子(p)
指揮:江田 司

料金:500円

ホームページ:http://kansaiioke.at.infoseek.co.jp/

<補足>

 間際になった演奏会の情報です。 明日ですねぇ。
 関西一円の音楽が大好きな医学生が集まっているオケだそうです。 定期演奏会、エントリーする人を毎回集めて開催されているみたいですね。 腕自慢の人が集まるのでしょうかねぇ〜 よく分かってなくてすみません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Maple Philharmonic(箕面市民オーケストラ)第21回定期演奏会

日時:2004年5月9日(日) 開場13:00 開演14:00
場所:箕面市立市民会館(グリーンホール)

曲目:エロール 喜歌劇「ザンパ」序曲
   ビゼー カルメン第一組曲,第二組曲
   フランク 交響曲ニ短調

指揮:間 威之(常任指揮者)

料金:700円 (就学前のお子様のご入場はご遠慮下さい)

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/Broadway/3351/

<補足>

 シリーさんという方から演奏会情報を頂きました。 
★とてもアマチュアらしい、ほのぼのとしたオケです。練習は真剣です。
★よろしければ皆さんどうぞ
 ありがとうございます・・・ う〜んんん、でもこの日、会社の同僚の結婚式があるんですよね。 伺えそうにありません。 次回期待ということで・・・ごめんなさいね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2004

関西シティフィルハーモニー交響楽団第37回定期演奏会

日時:2004年3月27日(土) 開場18:00 開演19:00
場所:ザ・シンフォニーホール

曲目:ブルックナー・交響曲第9番
   シューベルト・交響曲第7番(旧8番)「未完成」

指揮:伊藤 翔

料金:2,000円(座席指定)

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kcpo/
<補足>

 関西シティフィルによるブルックナーの大曲が演奏されます。 大阪のプロオケでも、大阪フィルしかこの曲を単独で演奏できる編成になっていませんから、アマオケがこのような大曲に挑戦してくださるのは本当に有難いことだと思います。
 料金が2,000円と、アマオケにしてはお高い設定ですけど、友の会に入会すると割引になり、かつ良い席を確保できるようですよ。 友の会の入会は無料だそうです(すみません、まだなってません)。 そうですね、もっと早めに情報を出すべきだったかも・・・ 間際になって重ねてすみません。 
 いえね、行こうかどうしようか迷っていたんです。 で、結局のところ、この日は家庭行事を優先させることになるため実家に行くことに・・・ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2004

橿原交響楽団 Family Concert 2004

日時:2004年6月6日(日)
場所:いかるがホール 大ホール

曲目:世界一周をテーマとした名曲の数々

司会:桂しん吉
指揮:

ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kashikyo/

 昨年、定期演奏会を聴きに行ったら、団の方や指揮者の池田俊さんからもメールを頂いたので宣伝しちゃいます。 
 昨年のファミリーコンサートは無料だったそうなんで、今年もそうかな? とにかくお近くにお住まいの方で、ナマの音楽を聴きたいと思っている方は要チェックですね。
 ただし僕は、ちょうどこの日、吹田市交響楽団の定期演奏会とぶつかっていますんで・・・申し訳ありません。 
 ところで、今回司会をされる若手落語家の桂しん吉さんですが、この方のお父さんは、なんと同じ日に演奏会をしている吹田市交響楽団でチェロを弾かれているんですよ。 今回は、お父さんのほうを優先させていただくということで・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 24, 2004

トヨタ コミュニティコンサート in 沼津 / 沼津交響楽団20周年記念

羽田健太郎のピアノと交響楽団の映画音楽

日時:2004年3月27日(土) 開場17:30 開演18:00
場所:沼津市民文化センター 大ホール

曲目:ジョン・ウィリアムズ:「ハリーポッター」「スターウォーズ」 他

指揮:山下一史
ピアノ:羽田健太郎
お話・音楽監督:三枝成彰

ホームページ(沼響):http://nso.soc.or.jp/
ホームページ(トヨタ):http://www.toyota.co.jp/mecenat/2004/3/tcc-n.html

<補足>

 本家ホームページ・掲示板でお世話になっている山本晴望さんが参加されているオケのコンサートです。 さすがに沼津まで行けませんが、ここで宣伝させていただきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 23, 2004

奈良交響楽団第45回定期演奏会

日時:2004年5月30日(日) 開場13:00 開演13:30
場所:奈良県文化会館国際ホール

曲目:シベリウス ヴァイオリン協奏曲  ニ短調 op.47
   ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 op.47

独奏:福冨博文
指揮:牧村邦彦(客演)

料金:1,000円

ホームページ:http://homepage2.nifty.com/narakyo/index.htm

<補足>

 ニ短調、しかも作品番号47で統一されたプログラム。 このオケのプログラミング、いつもどこか凝っているんですよね。 もちろん演奏もしっかりしていますよ。
 そうそう、指揮者の牧村さん。 練習中に指揮台(とはいえない小さな台)の上に載せた椅子ごと転落されて、右腕骨折のため療養中だそうです。 早く治って、元気なイキの良い演奏を期待したいと思っています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

吹田市交響楽団第58回定期演奏会

日時:2004年6月6日(日) 開演14:00
場所:吹田市文化会館メイシアター大ホール

曲目:ワーグナー 「さまよえるオランダ人」序曲
   シューマン 交響曲第4番(マーラー加筆版)op.120
   メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」

指揮:新谷 武、米山 信(常任指揮者兼音楽監督)

ホームページ:http://www.page.sannet.ne.jp/kmura/suita.htm

<補足>

 マーラー版のシューマンの交響曲第4番がそそられますね。
 未聴ですが、以前シューマンのラインを演奏した時は、マーラー版とは書かれていなかったけど、木管楽器の後ろに金管楽器を重ねるようなことをしていたそうです。 
 とにかく、ベーレンライター版のベートーヴェンの英雄や、シューベルトの未完成などを取り上げたこともありました。 頑張ってますね。
 このオケにはツテがありますので、もし演奏会に行けるような方はご一報ください。 チケットを調達してみます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

豊中市民管弦楽団第30回定期演奏会

日時:2004年4月18日(日) 開場13:30 開演14:00
場所:いずみホール

曲目:ショスタコーヴィッチ 祝典序曲
   シベリウス 交響曲第7番
   ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」

指揮:谷野里香

料金:前売=700円 当日=800円(当日指定)

ホームページ:http://n2w.or.tv/oke/

<補足>

 いつもは豊中市民会館での演奏会ですが、今回はいずみホールです。
 この演奏会に行ってアンケートを記載すれば次回演奏会の招待状が郵送されてくるようです。 招待状1枚で2名まで入場可能となっています。 
 演奏会に行かれるのなら、きちんとアンケートを書いて応援しましょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず作成

ゆらむぼさんにそそのかされて(笑)いきなり作ってしまいました。 うまくいくかな~
何はともあれありがとうございますぅ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | April 2004 »